このエントリーをはてなブックマークに追加

社会貢献とボランティア活動

第1回 国際紛争における平和構築のための活動

2017年5月22日

NPO法人日本紛争予防センター理事長 瀬谷ルミ子氏

講師情報

NPO法人日本紛争予防センター理事長 瀬谷ルミ子氏

国際紛争における平和構築のための活動

 NPO法人日本紛争予防センター理事長 瀬谷ルミ子氏をお迎えし、「国際紛争における平和構築のための活動」というタイトルでご講演頂きました。

 世界はグローバル化が進み、「人、モノ、金の移動」が世界的になると同時に、「テロ」という新しい紛争が世界中で起き始めました。テロが起きると、一般の人々は第一の犠牲者となるだけではなく、難民や避難民としての第二の被害を受けることになります。
 日本紛争予防センターは武力による紛争解決ではなく、武装解除により紛争を終了させるための活動を行っています。平和構築のための分野として、「治安を回復」、「自立支援」、「信頼関係の構築」を中心課題として活動を行っています。例えば、兵士が社会に参加して生活できるように仕事のトレーニングを行い、仕事を与えることは「紛争の根本的予防」と考えることができます。また、今後の自立のために、「現地の紛争解決団体の育成」を行っていくことは、永続的な「和解」を進めることになります。そのために、ロールモデルとなる若者を育て「住民同士の対立の予防」や「紛争予防の若者」を根絶するための活動を行っています。
 最後に、瀬谷氏から、「私は、高校生の時に紛争地を写した『1枚の写真』から紛争解決を行う人になることを決意しました。『他の人がしないことをする』ことが自分の存在の価値になると考えました。私たちそれぞれの手の中には『人生を選ぶ権利』があります。しかし、世の中のすべての人が選択肢を持てる訳ではありません。そして、その『選ぶ権利』には、使用期限があります。若い皆さんは、『選ぶ権利』を活用し、『活動すること』を忘れないでください。人生を積極的に生きる『行動の積み重ね』が、自分の明日を決めていくことになることを忘れないでください。」というメッセージを頂きました。

ページの先頭へ戻る