このエントリーをはてなブックマークに追加

社会貢献とボランティア活動

第2回 コミュニティユースワーカーによる社会的孤立の解消

2018年5月22日

NPO法人 PIECES 理事 青木 翔子 氏

講師情報

NPO法人 PIECES 理事 青木 翔子 氏

コミュニティユースワーカーによる社会的孤立の解消

NPO法人PIECESは「誰もが尊厳をもって生きていける豊かな社会」を目指して設立されました。ミッションは、貧困や虐待、不登校などの課題を抱えた子どもにとって信頼できる他者を増やし、社会の受容性を高めることにより、子どもが孤立しない仕組みをつくることです。頼る人がいない、頼れないといった子どもの孤立を支援するため、PIECESではコミュニティユースワーカー(CYW)と呼ばれるスタッフを育成し、CYWを中心とした地域活動を行っています。

CYWの役割は、子どもにとって特定の信頼できる大人になることと、多数の大人をつないで子どもを孤立させない環境を作ることです。PIECESでは活動に関心のある会社員や大学生などがCYWとして様々な活動を行っています。

コミュニティユースワーカーによる社会的孤立の解消

青木氏からは、孤立した子どもへのアプローチとしてCYWが立ち上げたイベントやプロジェクトの紹介がありました。イベントには通常の学習支援のほか、ゲームのクリエーターとコラボレーションしてゲームを作るイベントなどもあります。PEICESではこうした個々の活動のほかに、子どもを孤立させない社会に向けた社会提案や活動の周知をおこなっているとのことです。

ページの先頭へ戻る