スポーツ産業論

科目概要

<目的>
スポーツは、単に日常生活における<する>スポーツから、お金をはらって<観る>という要素も含むようになり、<支える>分野のビジネスも年々増加し手来ています。また、近年“スポーツ産業”という言葉がここ日本でも定着してきています。
スポーツ産業とは、どのようなものなのか、どのような性質を持っているのか、他の産業とどういった違いがあるのか等を考察していく必要があります。
そこで、この授業を履修することにより、2年次後学期に履修できるスポーツビジネス実践講座、ならびに3・4年次に履修できるスポーツビジネス事例研究、スポーツマネジメントの実践、スポーツ企画プロジェクト、スポーツマーケティング、スポーツに学ぶチームマネジメントへの土台となる知識を得ることを目的とします。

<概要>
まず、“スポーツ”・“産業”・“ビジネス”という言葉の定義について理解をします。
日本のスポーツ産業の中でも主にプロスポーツに焦点を当て、相撲・野球・サッカーを中心にスポーツ産業の成り立ちや構造を理解していきます。また、それに加え、プロスポーツにかかわって成り立っているその他のスポーツ産業(メディア・スポンサー・メーカー・スポーツ施設等)についても、考察します。

ページの先頭へ戻る