このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルビジネス

第4回 観光による地域活性化~JTBの地域交流事業の取組みについて~

2017年12月4日

株式会社JTBコーポレートセールス 観光戦略推進部長 萩野 隆二 氏

講師情報

株式会社JTBコーポレートセールス 観光戦略推進部長 萩野 隆二 氏

観光による地域活性化~JTBの地域交流事業の取組みについて~

 株式会社JTBコーポレートセールス観光戦略推進部長の萩野隆二氏をお迎えし、『観光による地域活性化~JTBの地域交流事業の取組みについて~』というタイトルでご講演頂きました。日本は、これまで国の主要な施策として「もの作りの国」を標榜してきました。そのため、数多くの観光資源やホスピタリティーを持ちながらも情報発信力が弱いため、インバウンドの観光客を取り込めず、観光客数は世界でも下位にありました。しかし、政府の観光立国政策(観光庁のビジットジャパン・経産省のクールジャパン等)により、2017年の世界の観光競争力ランキングで4位・アジア地域では1位となりました。2020年のオリンピックを背景に、政府はインバウンドの目標を4,000万人・観光消費額8兆円を目指しており、その実現に様々な施策が提案されていると解説していただきました。

 また、観光業界に関連する企業にも大きな変化が出てきています。従来は、日本の旅行代理店は団体旅行の対応が主でした。しかし、近年は団体旅行が減少し、少人数の旅行が増加してきました。さらに、インターネットを活用したエクスペディア等の「旅行×IT」を軸とする企業の台頭もあり、旅行を取り巻く企業の状況にも大きな変化が生じてきました。そのため、現在は旅行代理店の役割が大きく変わり、同社も総合旅行業者から交流文化事業に事業の軸足を移し始めていると解説していただきました。

 次に、同社がこれまでプロデュースを行った地域起こしの例についてご紹介いただきました。北海道根室市の地域にある自然特性を生かした「エコツーリズム」の例、札幌市の日本文化を生かした「夜間エンターテイメント」の例、神奈川県横須賀市の米軍基地と大学生との交流を生かした「国際交流プログラム」の例、横須賀市長井町の修学旅行生・外国人と地元との交流を生かした「民泊」の例を基に、対象者や地元独自の観光資源の生かし方、地域起こしの考え方について解説いただきました。

 最後に、「観光は今後の日本に於いて、重要な産業となります。新しい観光コンテンツを考えるためには、『固定化した考え方』ではなく『地域にあるもの』を様々な角度から眺め、独自の価値を見出す考え方が大切です。若い皆さんは、常に思考を柔らかく持ち、考えることを忘れないで下さい。」というメッセージを頂きました。

ページの先頭へ戻る