このエントリーをはてなブックマークに追加

現代のマネジメントと産業研究

第10回 SE職を知る

2017年12月19日

株式会社アイネット データセンター本部クラウドサービス事業部 営業部 山口 亜美 氏

講師情報

株式会社アイネット データセンター本部クラウドサービス事業部 営業部 山口 亜美 氏

SE職を知る

SE職を知る

株式会社アイネット営業部の山口亜美氏をお迎えし、「IT業界を知る」というテーマで御講義いただきました。講義では、最初にIT業界の分類についてご説明頂きました。IT業界は業態によって4種類に大別されます。その中でも「ソフトウエア業界」は「ユーザ系」、「メーカ系」、「独立系」に分類でき、それぞれに利点があるとご説明を頂きました。また、システム開発(ソフトウエア開発)は企画・要件定義から設計までの範囲をカバーする上流工程とプログラミングからテストまでの範囲をカバーする下流工程に大別できます。SE(システムエンジニア)は上流から下流工程までトータルに関わり、プログラマーは主に下流工程を中心に関わるという職種による業務の違いについても解説をいただきました。

次に、近年のコンピュータシステムの在り方についてご説明をいただきました。従来は、顧客がサーバシステムを社内に置く「オンプレミス」が主流でしたが、近年はサーバシステムを社内に置かず、「クラウドサービス」と呼ばれる外部のサーバを必要な時に利用する方式が増加しています。今後はほとんどが、「クラウドサービス」に移行して行くでしょうと解説をいただきました。
IT業界は、「仕事の中身がよく分からない」と言われますが、細かく分かりやすい説明であり、学生からは「IT業界の仕事が見えてきた」、「業務に興味が持てた」という感想が多く聞かれました。

最後に、本学の卒業生である山口氏と鶴井氏から、就職活動を振り返り、就職する前の印象と実際に就職してからの印象の違いについてお話しいただきました。両氏とも、学生時代には仕事について見えなかったことも多く、実際の仕事に就くことで視野が広がり、働くことの楽しさが見えてきたとのことでした。「社会人として働く上で、仕事に対する責任が生まれますが、それが仕事への責任感や達成感へと繋がっています。」とのことでした。「今できることにしっかり取り組んでください。それが就職活動に生きてきます。」というアドバイスを頂きました。

ページの先頭へ戻る