このエントリーをはてなブックマークに追加

現代のマネジメントと産業研究

第9回 地元の企業を知る

2017年12月12日

市光工業株式会社 人事総務本部人事部長 篠原 稔 氏

講師情報

市光工業株式会社 人事総務本部人事部長 篠原 稔 氏

地元の企業を知る

現代のマネジメントと産業研究

 市光工業株式会社人事総務本部人事部長の篠原稔氏をお迎えし「地元の企業を知る」というテーマでお話いただきました。

 最初に、篠原氏の経歴を基に「仕事の意味」に対する考え方についてお伺いしました。「仕事をするうえで最も大切なことは、「与えられた仕事をこなす」という考え方ではなく、『常に自分の理想と目標』を目指して、努力を続け、成果を出すことであると教えていただきました。

 次に、自動車業界の革命として注目される「EV(電気自動車)」と「自動運転技術」について解説していただきました。EVは従来の自動車の概念を大きく変えるだけではなく、現在はまだ「標準」が無いため、世界中で熾烈な競争状態にあります。変わるのは駆動部だけではなく、ミラーやライト等の主要パーツも含め、大きな影響を受けます。また、EVとともに自動運転技術の開発も熾烈を極めています。自動運転技術の中核は、AI(人工知能)であり、自動車メーカだけではなくIT系企業も参入し、従来の自動車開発とは大きく異なる競争が展開されています。これらのEVと自動運転技術(AI)は、社会に与える影響が大きく、産業構造や社会を根底から変えることになるとのことでした。

 最後に学生たちには、「技術の進展により社会は大きく変わります。そして、それは加速度的に早くなります。今後、雇用についても雇用形態を含め、大きく変化していきます。その中を生き抜くためにも、きちんと勉強し“知識をつける”ことを大切にしてください。「Employability」(自律的に働き、雇用される力)が問われる時代が来ています。自分のために今を頑張ることを忘れないでください。」というメッセージをいただきました。

ページの先頭へ戻る