このエントリーをはてなブックマークに追加

現代のマネジメントと産業研究

第5回 現代社会とIT技術

2017年11月7日

シンポー情報システム株式会社 代表取締役社長 中溝 正俊 氏

講師情報

シンポー情報システム株式会社 代表取締役社長 中溝 正俊 氏

現代社会とIT技術

 シンポー情報システム株式会社 代表取締役社長の中溝正俊氏をお迎えし、「現代社会とIT技術」というテーマでご講演いただきました。

 最初に、IT技術の概観として、第一世代のハードウエア、第二世代のソフトウェア、第三世代のネットワークと技術革新の流れを説明していただきました。情報サービス産業は、急速な技術的変遷によって長足の進歩を遂げてきました。かつては、コンピュータを利用するのは社会のごく一部でしたが、現在はスマートフォンの普及もあり、多くの人が利用しています。そのため、情報システムは電力や水道と同様に社会のインフラとなりました。自動車を例にとっても、現在は組み込み型のコンピュータが重要な位置を占めており、自動車のコストの40%近くがソフトウェアを含むIT関連の費用として使われていると解説していただきました。

 次に、情報サービス産業に於いて、技術の中核を担うSEの役割も大きく変化していると説明していただきました。顧客の要求を満たすシステム構築を行うためには、技術のみではなく、顧客の業界について深い知識と情報を持ち、一緒に問題を解決するスペシャリストとしての力が強く求められるようになっているとのことです。そのため、今後、情報サービス産業界で活躍するためには、ユーザーニーズや時代の変化に対応できるような、高いコミュニケーション力と多様な分野に対する幅広い知識が必要になると解説していただきました。

 最後に、「技術革新は加速度的に早まり、さまざまな仕事が機械(AI)に置き換えられて行くと考えられます。これから就職に望む学生さんは、機械にはできない仕事は何か?と常に考え、それに対応できる能力を身に付けるように自分をしっかりと磨いて下さい。」とアドバイスをいただきました。

ページの先頭へ戻る