インターンシップ

インターンシップ(情報マネジメント学部)

 現在、多くの企業が学生を対象としたインターンシップ(企業体験)を実施しています。
就職前に実際に企業に於ける業務を体験することは、残りの在学期間中に自己の将来を考え、就職に向けて何をすべきかを考える大きなヒントとなります。
一般的に、インターンシップは授業の側面より学生個人の活動として捉えられる場合が多いと考えられます。しかし、本学のインターンシップの授業では、少人数のクラスに分かれ、担当教員ごとに実習に対する事前授業と事後授業を実施しています。事前授業では実習先の企業研究や業界研究等を行い、実習に参加するための基本的な知識を獲得します。事後授業では実習の成果を振り返り、発表を行います。自らの発表および他者の発表を通じて、多様な経験を積むことを目指しています。
 このように、「授業」+「企業に於ける」実習という二つの側面からの指導を通して、「自己の将来」に関する研究テーマの選定や卒業後の進路を決定する指針を得ることができます。そして、働くことの喜びと厳しさを肌で感じとり、職場における人間関係の在り方、公私のけじめのつけかた、時間管理を含む自己管理の方法など、社会人として将来要求される素養についても学ぶことができます。
 そのため、十分な成果を得るために、履修者はこの科目に対して旺盛な関心と問題意識をもって臨むとともに、担当教員と企業とが検討した実習プログラムに対して前向きに取り組む姿勢が必要になります。

第1 科目の概要と特徴 インターンシップⅠ及びインターンシップⅡの特徴と科目構成について
第2 インターンシップ史 創立者・上野陽一の教育とインターンシップへの取り組みについて
第3 授業構成 実習と支援授業の構成について
第4 担当教員 インターンシップⅠの担当教員とメッセージ
第5 実習生へのアンケート 実習参加による取り組みの結果について

ページの先頭へ戻る