自由が丘イベントコラボレーション

科目概要

この科目は、自由が丘商店街が実施する大きなイベント(スイーツフェスタ、女神まつり、クリスマスイベント)と本学学園祭(自由が丘産能祭)に、学生自らが運営スタッフとして参加することによって、社会におけるイベントの意義や役割について体験的に学ぶ授業である。これらのイベントは、本学、自由が丘商店街振興組合、協賛各社という大学・地域・企業の三位一体で進めており、大学生が日常では経験できないことを実践することができる。
 この授業の目的は、自由が丘商店街振興組合のご協力を得て、イベントの企画、関係者との交渉、当日の進行・運営、活動の振り返りに至るまでのPDSプロセスの実践を通して、イベントやプロジェクトを進めていくことの厳しさややりがいを主体的に学ぶことである。イベントやプロジェクトを成功に導くには、初志貫徹の意思と行動力が求められる。他の授業よりも学生の負荷は大変大きいが、「それでもやってみたい」という学生を歓迎する。
 この授業は、4月末から12月まで通年で行われ、講義と実習で28回になる。4つのイベントには、必ず参加が求められ、シラバスに決められた参加回数に達しない場合は、不合格となる。また取り組み態度の悪い学生も不合格とする。さらに、授業外活動や打ち合わせが多いので、ボランティア精神も求められる。

※なお、本科目は「自由が丘コンシェルジュ」「ブランドプロデュース」「世田谷タウンプロジェクト」との同時履修は認めないので注意すること。

外部講師による講演

第1回 4月29日(土) 自由が丘スイーツフェスタ2017

ページの先頭へ戻る