アーティスト・プロモーション

科目概要

本科目は「ミュージック・エンターテイメント」及び「アミューズメント・ビジネス」で学んだ知識を、より実践に活かし、アーティストをいかにプロモートしていくかを学ぶ体験・体感型の科目である。また、イベント開催の前提となる基礎知識についても、担当教員ならびに、音楽やイベントに仕事として携わっているゲストスピーカーより座学として学ぶ。
授業の目標は、12月に予定される学生主体で企画運営するライブイベントを成功させることであり、ゴールに至るまでのプロセスマネジメント(コンセプト企画、場所や演者の選定・交渉、プロモーション、当日の運営)を通じて、イベントを作る楽しさを実感する。また、赤字を決して出さない「経済性」と、アーティストが追求する「芸術性・社会性」をいかにイベントで両立させるかを学ぶ。
学外での現場体験学習を含め、講義+学外実習で計14回のカリキュラムになるが、下記14週のスケジュールは、イベント企画の進行により流動的であり、必要に応じて補講を実施する。詳細スケジュールは1回目の授業の際、提示するが、学外実習は土・日・祝日に行うことを了解の上、履修登録をすること。
授業以外にも休日・夏休みにグループワークを課すなど、普段から学生が自主的に集まる機会が多いため、その中でメンバー間の信頼関係を構築し、チームの一員として働く困難と喜びを共有することも、本科目の目的の
1つである。これまで学んできた経営戦略の知識を実践に生かせる科目であり、学生自身の主体的参加を求める

ページの先頭へ戻る