このエントリーをはてなブックマークに追加

学びのピア・サポート活動Sharesの学生が学びのミニ講座を開催

学びのピア・サポート活動Sharesの学生が学びのミニ講座を開催

学びのピア・サポート活動Shares(シェアーズ)を担っている学生ボランティアが、主に新入生を対象にした学びのミニ講座を湘南キャンパスで開催しました。
(1) 4月19日(火)のテーマは「キャンパス活用術」。静かに学習したいときや会話を楽しみたいときなど、場面に応じたキャンパス施設の活用法や、教員の出校状況掲示のある場所など、知っていると便利な情報を提供。その後、新入生からの質問にも対応しました。

(2) 4月27日(水)は「PC・manaba活用術」。本学の学修支援システム「manaba」での課題提出作業時によくある失敗例などを示しながら、基本的な使い方や便利な機能を、わかりやすく紹介しました。

なお、4月初旬の前学期ガイダンスにおいては、資料の配布などガイダンス運営補助に携わるとともに、新入生に学びのピア・サポートの利用を勧めるため、Sharesの活動を紹介するプレゼンテーションも行いました。

学びのピア・サポート活動Sharesでは、学生ボランティアが自らの “モチマエ”を発揮することで、後輩や仲間の能動的な学びを支援する本学公認の学生による学生のための授業外学習支援を行っており、今後も講座や企画を実施していきます。

ページの先頭へ戻る