このエントリーをはてなブックマークに追加

学びのピア・サポート活動Sharesの学生が「レポートの書き方講座」を開催

学びのピア・サポート活動Sharesの学生が「レポートの書き方講座」を開催

学びのピア・サポート活動Shares(シェアーズ)を担っているボランティア学生が、自由が丘キャンパスにて「レポートの書き方講座」を開催しました。

12月2日(水)と3日(木)の2日間、昼休みの時間帯に、「レポートの書き方講座」と題し、大学の先生方に伺った「良いレポート」、「悪いレポート」の特徴を紹介し、レポートの構成の仕方や見やすいレポートの書き方のコツなどを、例文を交えて具体的に説明しました。

参加者の多くは1年生でしたが、「以前からレポートの書き方について疑問点があったので、参考になればと思い、参加しました。」といった声が多く、講座内容を熱心に聞いていました。

学びのピア・サポート活動Sharesでは、学生ボランティアが学生自らの “モチマエ”を発揮することで、後輩や仲間の能動的な学びを支援する本学公認の学生による学生のための授業外学習支援を行っており、今後も学びのミニ講座をはじめとする活動を予定しています。

企画を主催したSharesのボランティア学生

私たちは、学びのピア・サポート活動Sharesの一環で、周りの学生に困っていることはどんなことかをヒアリングした結果、「レポートの書き方講座」を開催しました。
実施にあたっては、先生方に良いレポートの特徴などを教えていただいたり、自分たちでも授業で習ったことを復習しました。また、分かりやすく伝えられるように、具体例を明示し、練習問題も用意しました。
今回の企画は参加者の方から好評だったので、次回も学生のニーズを汲み取った企画を開催したいと思います。

ページの先頭へ戻る