このエントリーをはてなブックマークに追加

教育開発研究所概要

教育開発研究所について

設置の趣旨

 教育開発研究所は、2008年4月に設立されました。本学では、「教育中心大学としてのあり方を確立し、教育の質的向上を目指す」というビジョン実現のため、実践的教育を重視したカリキュラム改革、そのための科目の開発と拡充、学修支援体制の充実といった取組みを行ってきました。また、FD委員会を設置し、「学生による授業評価」の授業改善への活用、FD研修会等も実施してきました。
 その中で、昨今の大学の教育力向上という社会的要請に応えるために、また本学の教育研究およびFD活動をさらに組織的に推進し、本学の教育の特色の強化と認知度向上につながる活動へと発展させるために、という主旨から教育開発研究所は設置されました。
 そのことから本研究所は、実践的な教育の質的向上に向けた教育研究およびFD活動の推進と支援を行って、その成果を本学の学生教育に還元するとともに、わが国におけるマネジメント教育の発展に資することを目的としています。
 本研究所は主として、次の「目的」の項に記載した活動を行います。

活動内容

○実践的な教育の質的向上に向けた調査・研究
○教授法、教材、教育プログラム、学習環境の検討・企画・提案
○FD活動の推進と支援
○学習支援、学力向上に関する調査・研究・活動支援
○大学の教育研究活動に関する発表、出版、情報発信等

ページの先頭へ戻る