GPA制度

GPA制度

大学 経営学部・情報マネジメント学部

 本学では、成績をはかる基準として、各科目の平均値 (Grade Point Average以下 、「GPA」)を採用しています。GPA制度により、単位をどのレベルで修得したかをみることができ、 GPAは奨学生の決定やコース選考等の際の基礎データとしても使用されます。また、アカデミック・アドバイザーは、この GPAに基づき履修指導を行います。

[GPAの算出方法]

 GPAは、各学期に履修した授業科目の単位数にグレードポイン卜 (Grade Point)を乗じ、その合計を各学期の履修単位数の合計で除したものです。例えば、A評価が多いとそのポイン卜が高くなり、F評価が多いとポイン卜が低くなります。

各評価のグレードポイン卜 S=5、A=4、B=3、C=2、D=1、F=0
なお、自由科目、単位認定による評価はGPAの計算に含めません。

[GPAに基づく指導]

 学期のGPAが1.5未満または修得単位10単位以下となった学生に対しては、アカデミック・アドバイザーが個別に指導を行います。GPAが1.5未満、または修得単位が10単位以下となった学生は、指定期間にアカデミック・アドバイザーが本人及び保証人(保護者等)との面談を行います。

ページの先頭へ戻る