ホスピタリティコース

経営学部の教育カリキュラム≪ホスピタリティコース≫

また来たいと思ってもらえる、おもてなし
その繰り返しがビジネスの成功へとつながります


ホスピタリティは、単なるテクニックではありません。おもてなしの心を持ち、相手が求めていることを理解し、サービスへとつなげられるコミュニケーションの方法です。それは誠意であり、相手を思いやる心なのです。ビジネスとは、モノやサービスが売れればいいということではありません。顧客が「また利用したい」、「人に紹介したい」と思うことで企業としての信頼がつくられ、その先にビジネスの成功があるのです。このコースでは、ホスピタリティとビジネスが交わる観光・ホテル業や接客業を教材に、ホスピタリティの重要性について理解を深めます。

ホスピタリティコース専門科目一覧

●ケースで学ぶホスピタリティビジネス
ホスピタリティサービスで成功を収めている企業の事例研究を通して、事業におけるホスピタリティの重要性を考察します。

●ホスピタリティサービス
ホスピタリティサービスを重要視しているホテル業、飲食サービス業に焦点をあて、サービスマーケティング、人材育成、情報技術との関連性について考察を深めます。

●ホスピタリティと接客サービス
接客サービスのノウハウが詰まった、サービス接遇検定準一級資格取得を目標に、接客サービスに重きを置く業界について実践を交えながら理解を深めます。

●英語で学ぶホスピタリティ
2020年に開催される東京オリンピックを前に、日本を訪れる外国人観光客の数は年々増加しています。また日本の「おもてなし」の精神は、世界から注目を集めています。グローバルに活躍できる人材の育成を目的に、英語力の強化を図ります。

●サービスマネジメント
サービスを商品とするビジネスについて理解を深めるとともに、今後世の中が求めるサービス業のあり方について考察します。

●自由が丘コンシェルジュ
産業能率大学の学生が自由が丘の案内役を務める「セザンジュ」の活動に参加します。街の案内役としてだけではなく、街の防犯と来街者の安全を担う一員としての知識やスキルについても学修します。

ページの先頭へ戻る