マーケティング企画コース

情報マネジメント学部の教育カリキュラム≪マーケティング企画コース≫

広い視野、コミュニケーション能力、調査力、発想力… モノが売れる秘訣をあらゆる角度から探ります

モノが売れる法則は、残念ながら存在しません。なぜなら、人が求めるモノは時代の流れとともに変化しているからです。だからこそ、実践を通して今という社会を知る必要があるのです。情報を察知できる感性が求められるのです。また、ビジネスとして新しいモノを世に出すためには、いろいろな人の協力が必要になります。だからこそ、成功への可能性を証明するための理論や調査力を身につける必要があるのです。さらに相手を説得する技術も必要になります。ビジネスを成功に導くための力を総合的に学びます。

マーケティング企画コース専門科目一覧

●企画プロデュース入門
マーケティングの中でも「企画」は重要な要素を持ちます。テーマを決め、企画を策定するプロセスと併せてマネジメントサイクルについて学びます。

●広告コミュニケーション
マーケティング・プロセスの中でとらえると4Pの中の「Promotion」に位置づけられます。広告の効果・効能を知り、広告の立案の仕方を学びます。

●企画・制作ワークショップ
企画のプロセスを活用して、制作物のテーマを決め、実際に制作を行います。ここでは「企画立案」からそれを実践してみるという、目的や目標と実行項目の整合性をポイントに置き、マーケティングの考え方と併せてマネジメントサイクル(PDCA)の実践も学びます。

●マーケティングの実践
外部諸団体・企業の置かれた課題を把握し、マーケティング戦略に関する企画を立案し、プレゼンし、優劣を競います。そのプロセスを通じ、①マーケティングの技法や考え方を活用して地域の課題を解決する方法、②クライアントに対する効果的な企画発表の方法、について学びます。

●マーケティングフィールドワーク
現場は何よりも多くを物語ります。実際にショッピングモールなどを視察することで、店舗と消費者の動向を観察することで、理論で知識として修得した内容を自身の五感を通して考察することで、マーケティング・プロセスの理解を深めます。

ページの先頭へ戻る