皆川 雅樹

氏名

皆川 雅樹
MINAGAWA Masaki

学部

経営学部

教員資格

准教授

学位

博士(歴史学)

教育研究業績

研究業績等に関する事項

<<著書>>

  • 「古代日本と興亡の東アジア(古代文学と隣接諸学1)」(共著、竹林舎、2018年)
  • 「知っておきたい歴史の新常識」(共著、勉誠出版、2017年)
  • 「アクティブラーニングに導くKP法実践—教室で活用できる紙芝居プレゼンテーション法—」(共編著、みくに出版、2016年)
  • 「新装版 唐物と東アジア—舶載品をめぐる文化交流史—」(共編著、勉誠出版、2016年)
  • 「日本古代王権と唐物交易」(単著、吉川弘文館、2014年)

<<学術論文>>

  • 「『買新羅物解』と天平勝宝四年来朝の新羅使についての再検討」(単著、「専修史学」63、2017年)
  • 「高校日本史の授業のつくり方—アクティブラーナーの育成を意識した授業デザイン—」(単著、「歴史と地理」日本史の研究254、697号、2016年)
  • 「遣唐使派遣と『国風文化』—歴史的思考力の育成とアクティブラーニング型授業を意識した授業実践—」(単著、「歴史地理教育」833、2015年)
  • 「日本古代の対外交易と『東部ユーラシア』」(単著、「歴史学研究」885、2011年)
  • 「9~10世紀における日本の金と対外関係—大宰府鴻臚館を中心として—」(単著、「古代交通研究」11、2002年)

<<その他(授業実践)>>

  • 「古代の東アジア関係史をどう『教える』か」(「じっきょう 地歴・公民資料」85号、2017年9月)
    http://www.jikkyo.co.jp/download/detail/29/9992658112
  • 「量的な情報を質的にKP法で整理し、思考を加えて質も量も伴う文章に—高度経済成長の『ひずみ』について考える—」(「社会科教育」2017年7月号)
  • 「アクティブラーニング型授業は何を目指しているの?」(日本環境教育フォーラム機関紙「地球のこども」2015年9・10月号)
    http://www.jeef.or.jp/child/201509tokusyu02/
  • リクルート『Career Guidance』(408号、2015年7月号)[教科でキャリア教育 日本史]インタビュー「多様な学び方を用意した『思考を働かせる』授業で生徒が『対話や学習をしたくなる』ことをめざす」
    http://souken.shingakunet.com/career_g/2015/07/2015_cg408_56.pdf
  • 河合塾『Guideline』(45号、2014年4・5月号)[変わる高校教育(第1回 授業改善)]インタビュー「生徒の声に耳を傾け、教員との情報交換を通じて、チーム学習中心の授業に転換」
    http://www.keinet.ne.jp/gl/14/04/koukou_1404.pdf

ページの先頭へ戻る