小野田哲弥

氏名

小野田哲弥
ONODA Tetsuya

学部

情報マネジメント学部

教員資格

准教授

学位

博士(政策・メディア)

教育研究業績

教育上の能力に関する事項

<<担当学生が以下の賞を受賞>>

  • 第7回神奈川産学チャレンジプログラム優秀賞 (株式会社京急パシフィックホテルズ提供テーマ「1990年代生まれの女性のライフスタイルと消費行動に基づく、2020年のブライダル産業について」) 2010年12月14日
  • Sport Policy for Japan 2012 特別賞 (研究タイトル「スポンサー情報から探るJリーグの構造的問題とその打開策 -象徴としての湘南ベルマーレ-」) 2012年10月21日
  • 第9回神奈川産学チャレンジプログラム優秀賞 (株式会社神奈川新聞社提供テーマ「大学生必読の電子新聞を作ろう」) 2012年12月20日
  • 東証ソーシャルかぶコン2013審査員特別賞 (プロモーション部門「株メン・株ジョの就活物語」) 2013年11月25日
  • 第10回神奈川産学チャレンジプログラム最優秀賞 (株式会社神奈川新聞社提供テーマ「神奈川県内の企業と学生を結ぶ就活サイト企画案」) 2013年12月19日
  • 第10回神奈川産学チャレンジプログラム優秀賞 (江ノ島電鉄株式会社提供テーマ「夜間高速バスの活性化」) 2013年12月19日
  • 第10回神奈川産学チャレンジプログラム優秀賞 (京浜急行電鉄株式会社提供テーマ「京急沿線でPASMO電子マネーを使いたくなる施策の提案」) 2013年12月19日
  • Sport Policy for Japan 2014 優秀賞 (研究タイトル「ビーチ再生」) 2014年11月9日
  • 第11回神奈川産学チャレンジプログラム最優秀賞 (江ノ島電鉄株式会社提供テーマ「湘南に来たらコレ!と言われる新しい土産物の開発とプロモーション戦略」)2014年12月18日
  • 第11回神奈川産学チャレンジプログラム最優秀賞 (相鉄ホールディングス株式会社提供テーマ「若年層をターゲットとした相鉄沿線の隠れた名スポットの掘り起しと、そのPR及び集客策」) 2014年12月18日
  • 第11回神奈川産学チャレンジプログラム優秀賞 (湘南ステーションビル株式会社提供テーマ「地域の皆さまと共に歩むこれからの駅ビルづくり」) 2014年12月18日
  • Sport Policy for Japan 2015 特別賞 (研究タイトル「健康寿命世界一にっぽん」) 2015年11月29日
  • 第12回神奈川産学チャレンジプログラム優秀賞 (株式会社CFSコーポレーション提供テーマ「「健康寿命日本一かながわ」に貢献する、新しい時代のドラッグストアの創造」) 2015年12月15日
  • 第12回神奈川産学チャレンジプログラム優秀賞 (相鉄ホールディングス株式会社提供テーマ「星川・天王町駅付近の高架化で生まれる全長約1.5kmの高架下空間の活用策(店舗・サービス)について」) 2015年12月15日
  • 第12回神奈川産学チャレンジプログラム優秀賞 (株式会社横浜ロイヤルパークホテル提供テーマ「ぜひ利用したいホテルの販売商品開発【朝食プラン】」) 2015年12月15日
  • 13回神奈川産学チャレンジプログラム優秀賞 (株式会社崎陽軒提供テーマ「崎陽軒創業110周年記念事業について」) 20161214
  • 13回神奈川産学チャレンジプログラム優秀賞 (株式会社京急アドエンタープライズ提供テーマ「新規鉄道広告媒体の開発」) 20161214

研究業績等に関する事項

<<学術論文>>

  • 「マンガ事象におけるサブカルチャーの領域規定 -20代・30代読者のマンガ家認知情報に基づく構造分析-」(単著)『マンガ研究』Vol.4,2003
  • 「テレビ番組ライフサイクルを考慮した情報バラエティ番組の戦略的編成手法」(単著)『KEIO SFC JOURNAL』Vol.6, No.1,2007
  • 「柔らかい構造化モデル -ロングテール事象のカテゴリーマネジメント支援-」(単著) 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士学位論文,2007
  • 「社会的「期待-一致/不一致モデル」に基づく北京オリンピック日本代表選手の評価類型」(単著)『スポーツ産業学研究』Vol.19, No.2,2009
  • 「マンガを活用した参加型授業の開発 -経営系大学マーケティング導入科目における実践-」(単著)『マンガ研究』Vol.17,2011
  • 「“悪魔の実”で読み解く『ONE PIECE』のメガヒット要因」(単著)『産業能率大学紀要』Vol.34, No.1,2013
  • 「中国“80后”消費者意識調査に基づく新四族モデルの構築と検証」(共著)『産業能率大学紀要』Vol.35, No.1,2014

<<その他>>

  • 「視聴質“新指標”の開発」(単著) テレビ朝日『リサーチQ』対外発表会,2009年2月
  • "Evaluation Patterns of Japanese Representative Athletes in the 2008Beijing Olympic Games"(単著) 16th International Conference on NeuralInformation Processing (ICONIP 2009), 2009年12月
  • 「新興スポーツの普及策を探るデータマイニング -ビーチバレーにおける事例紹介-」(共著) 日本スポーツ産業学会第19回大会,2010年7月
  • 「ユーレットによる就活支援 -知られざる優良企業の発見-」(共著) コンピュータ利用教育学会2011PCカンファレンス優秀論文賞,2011年8月
  • 「日本におけるサッカー文化の成熟に向けて -ファンの3階層モデルに基づく事例研究-」(単著) 日本マーケティング・サイエンス学会第96回研究大会,2014年11月
  • 「プロ野球イースタン・リーグ公式戦におけるプロジェクト型学習の実践 -大学と球団との連携がもたらす教育効果と観客増員-」(共著) 日本スポーツマネジ メント学会第8回大会,2015年12月

ページの先頭へ戻る