5.4 携帯パソコンのドライブの構成

5.4 携帯パソコンのドライブの構成

5.4.1 ローカルドライブ

大学斡旋携帯パソコンのハードディスクドライブは、システム領域およびアプリケーションソフトがインストールされているCドライブとDドライブ(年度によってはCドライブのみ)で構成されています。

5.4.2 ネットワークドライブ

ネットワークドライブとは、大学斡旋携帯パソコンを大学で利用する際に、大学内のネットワークにある領域が携帯パソコンのハードディスクドライブのように利用できるものです。 ネットワークドライブ内のデータは大学ネットワーク内に保存されています。

5.4.3 DVDスーパーマルチドライブ

1. DVDスーパーマルチドライブについて

DVDスーパーマルチドライブが搭載されているパソコンの場合、通常のCD-ROM、DVD-ROMの読込み、CD-R/RW、DVD-RAM、DVD-R/RW、DVD+R/RWへの書込み・読込みができます。大学斡旋携帯パソコン本体側面にあるスーパーマルチドライブの取り出しボタンを押すとトレーがでてきますので、静かに引き出し、メディアを中央の円盤にはめ、ゆっくり”カチッ”と音がするまで押してトレーを格納してください。

2. 利用上の注意事項

(1) DVDスーパーマルチドライブはE:ドライブです。アクセスランプが点灯・点滅時は読み込みまたは書き込み中なので、取り扱いに注意してください。
(2) CD-RWを使用する時は、ファイルを一度ローカルディスクに保存してから、修正、更新するようにしてください。
(3) CD-Rは書き換えができません。CD-RWは、書き換え・再フォーマットが可能のため、CD-RWを推奨しています。
(4) CD-RWメディアを購入した場合は、次項のCD-R・CD-RWのフォーマットを参照してフォーマットを行ってください。(フォーマットには、CD-R=3分、CD-RW=40分程度の時間を要します)
(5) ハイスピード・700MBを超えるメディアは、使用できません。
(6) 同じCD-R/RWに書き込む場合は、同じライティングソフトを使用しなくてはなりません。違うライティングソフトで追加書き込みした場合、以前書込んだデータが見えなくなることがあります。
(7) DVD-ROMは、書込みは出来ません。
(8) プレイヤーやライティングソフトの使用方法については、インストールされているソフトウェアのヘルプを確認してください。

ページの先頭へ戻る