SIGNの概要

SIGNの概要

SIGN(サイン)とは

Sanno Information Galaxy Network の頭文字をとったもので、学生教育・利用者への情報サービスを目的とした、学部・大学院のキャンパスネットワークの名称です。

学生が授業時以外にも利用できるデスクトップパソコンと携帯パソコンが接続できる情報コンセントを湘南キャンパス約1200口、自由が丘キャンパス約3000口、代官山キャンパス約300口設置した国内の大学でも有数の規模と内容を誇るネットワークです。

全ての学生がID(利用者番号)を持ち、入学時より利用できます。

もちろん、インターネットへのアクセスや電子メールの送受信も可能です。

また、ビジネス用アプリケーション(Microsoft Office)やホームページ作成ツール、マルチメディアソフトなど、ソフトウェア及び機材を配備し、21世紀のIT革命の時代を担う人材の育成に強力にサポートしています。

ネットワーク

湘南キャンパスは、各建物間(情報センター棟、1号館、5号館、研究棟)を高速光通信(1Gbps)で接続しています。携帯パソコンおよびデスクトップパソコンの活用支援を目的に、演習教室(実習室、共同利用室、情報化教室)をはじめ、図書館、研究室、ゼミ室など、全ての教室にツイストペアケーブル(100Mbps)が張り巡らされています。また、自由が丘キャンパスについては、インターネット回線を利用し双方向の通信を実現しています。

インターネットについては、授業(eーラーニング)から就職活動に至るまで、あらゆる学生支援について最大限に活用できるよう高速光通信(最大100Mbps)で接続しています。

SIGNの特徴

SIGNは、効果的な学生教育と多様な学習志向を満たすために、最新のソフトウェア及び機器を配備し、且つ学生が情報環境へ接するための機会を多く持たす工夫と、時間と場所の制約をできるだけ排したシステム環境の構築に重点を置いております。

•Windows 8.1のOS環境を提供し、MS-Office2013や主要プログラミング言語ソフト、解析ツール、ホームページ作成ツール、マルチメディア(Adobe Premiere Element7、Adobe Creative Suite5.5、他)など豊富なソフトウェアの使用環境の提供。
•最新の高性能デスクトップパソコンおよび周辺機器の配備。
•個人所有の携帯パソコンをSIGNへ接続することができる約4500口の情報コンセント環境と無線LAN環境。
•個人所有の携帯パソコンをSIGNへ接続して授業が受けられる情報化教室が整備され、情報系科目以外でもSIGNが活用されている。
•Webブラウザをインターフェースにした電子メールを提供し、学内外での電子メディアコミュニケーションを支援。

ページの先頭へ戻る