このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイルス情報

【注意喚起】「Active!Mail」を装ったフィッシングメールに注意(2017年6月15日)

「Active!Mail」の容量オーバーやアカウント停止の警告を装いID、パスワードを盗み出す詐欺メールが出回っています。
本学から学生・教職員向けに電子メールによってユーザID、パスワードを尋ねたり、Webページにそれらの入力を促したりすることはありません。
知らない送信者からの不審な電子メールを受信した場合は、URLをクリックしたり、返信しないように十分注意してください。

参考までに、最近本学で受け取ったメールは以下のとおりです。
このようなメールが届いた場合、メール内に記載されているURL(http://●●●●●・・・)は絶対に開かないようにしてください。
もし、返信してしまった場合は、すぐにパスワードの変更を行うとともに直ちに学生情報サービスセンターまで連絡してください。

_______________________________________
差出人: Active! Mail <●●●●@●●●.●●.●●>
送信日時: 2017年6月12日 16:30
件名: メールボックスのクォータが超過しました

あなたのアクティブメール! メールボックスがメールチームによって設定されたクォータ/リミットを超えました。

Webメールを再度有効にするまで、新しい電子メールを送受信できない場合があります。

検証するには、をクリックします。
http://●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
_______________________________________


<ご参考>
フィッシングメールとは?
フィッシングメールとは、不特定多数の人々に対し「情報確認のため」などと称した偽のメールを送付し、個人情報を入手しようとする悪質なメールです。本物のウェブサイトに見せかけてつくられた、偽のウェブサイトに誘導し、個人情報やパスワード、口座番号、クレジットカードの番号などを入力させ不正に情報を入手しようとします。


[被害を防ぐために以下の点にご注意ください。]
・Passwordは他のサービスやIDに使用しているものとは異なるものを使用することを推奨します。
・Passwordは定期的に変更する。
・使用している単語や、挨拶の使い方が日本の企業メールと明らかに事なるメールの本文中のURLはクリックしないようにしてくだ

【緊急】現在、感染が拡大中のランサムウェア「WannaCry」への対応について(2017年5月15日)

Microsoft製品の脆弱性を悪用し、世界中に被害を出している「ランサムウェア」(『WannaCry』)ですが、現在も感染が拡大しています。

在学生所有の携帯パソコンのOS(Windows8.1・Windows10)については、既にMicrosoft社からセキュリティ更新プログラムが提供されています。

WindowsUpdateで最新の状態を保つとともに、メール本文に書かれたアドレスをクリックすることで感染するとの報告もありますので、メールの取り扱いには十分気を付けるようにしてください。

■Windows8.1の場合
 自身でWindowsUpdateを行う必要があります。
 Ca-Inの「お知らせ」を参考に、早急にUpdateを行ってください。

■Windows10の場合
 OSの仕様上、WindowsUpdateは自動で行われます。
 (Microsoft社の公式配布日は、原則日本時間の第2水曜日です。
  配布日以降にUpdateが行われますが、個々の使用状況により異なる場合があります。)

【緊急】ランサムウェアに注意!(2017年5月)

Microsoft製品の脆弱性を悪用したウイルス「ランサムウェア」に感染する被害が世界各国から報告されてます。
予防対策として、Microsoft社より脆弱性の修正プログラムが公表されていますので、至急、WindowsUpdateおよびMcAfeeVirusScanUpdateを行ってください。
なお、各自のパソコンについて、いつもと違う事象が発生している等、気になる場合は、すぐに学生情報サービスセンター窓口で相談してください。

※WindowsUpdateを定期的に行っていない場合は時間がかかることがあります。

コンピュータウイルスとは?

コンピュータウイルスは、従来フロッピーディスクなどのリムーバブルメディアを介して感染するタイプのウイルスがほとんどでしたが、最近はインターネットの普及に伴い、電子メールをプレビューや、ホームページを閲覧しただけで感染するケースが増えています。また、感染したパソコンをネット接続することで、感染が拡大している場合もあります。

ウイルスに感染しないためには、次の対策(自宅のパソコンを含む)を実施してください。

オペレーティングシステムの修正プログラム適用(Windows Updateなど)
ウイルス対策ソフト導入と管理運用(定義ファイルの自動更新など)

ページの先頭へ戻る