産学連携プロジェクト

産学連携プロジェクト

ここでは、デジタルコンテンツラボとコンテンツ業界とのコラボレーション活動について紹介します。

「デジタルコンテンツラボの活動がTVKで紹介されました」

放送時間:12月4日(金)13:30~13:35
TVKのお昼の情報番組「ハマランチョ」において、デジタルコンテンツラボの日頃の活動や制作作品が紹介されました。
約5分間の放送枠をデジタルコンテンツラボの学生がプロデュースし、放映用映像素材の制作やTVKと共に台本を作成するなど様々なコラボレーション活動を経て企画を進めてきました。
番組では、デジタルコンテンツラボの学生2名が生放送で登場し、作品の紹介や活動の様子などを語ってくれました。

番組タイアップキャンペーンの企画

エイベックス・エンタテインメント株式会社本社とのコラボレーション企画として、本学学生が「新番組のタイアップキャンペーン」を企画しました。各チームに予算が割り当てられ、渋谷や表参道などで2時間のフィールドワークを行い、タイアップ先やタイアップ方法を考えました。学生より提案された企画のいくつかについては、エイベックス担当者の関心を惹いていましたので、今後採用されることを期待します。

「Freedom Sunset 運営補助」

デジタルコンテンツラボとFreedom Sunset(Webリンク:http://isg-21.com/fs/index.html)のコラボレーション企画として、2008年8月2日(土)に江ノ島で行われたライブイベントにスタッフ、カメラマンとして本学の学生5名が参加しました。8:30~21:00の長時間・炎天下の中、ステージの設営、音響セッティングとオペレーション、客席エリアの管理、撤収作業と当日業務全てに関わりました。カメラマンとして参加した学生は、当日の撮影に加え、アーティストインタビューの撮影、後日ライブ映像の編集作業も手がけ、その映像はYouTube上にオフィシャル映像としてアップロードされています。今回参加したメンバーのほとんどは、9月に実施された同イベントの運営スタッフとしても活躍しました。

ラボで指導している学生が撮影・編集した動画へのリンク
http://jp.youtube.com/watch?v=ldJBo_8x9UM&eurl=http://isg-21.com/fs/index.html

「ハマクリ・イブニング運営補助、パネル展示、ステージ発表」

8月29日に横浜で行われたイベント:「ハマクリ・イブニング」とのコラボレーション活動として、本学学生8名が運営補助として参加すると共に、「中年が夢中になるケータイコンテンツ」というオリジナル企画についてのパネル展示と発表を行いました。当日は映画祭の運営関係者もいる中、学生達はステージで堂々と自分達の企画について語っていました。その後のパネル展示で得たコメントは、企画の改善に活かしてくれるものと期待します。

TOYOTA METAPOLIS活性化プロジェクト

メディアラグ株式会社とのコラボレーション企画として、「TOYOTA METAPOLIS活性化プロジェクト」を本学情報マネジメント学部コンテンツビジネスコースの2年生18人で立ち上げました。
TOYOTA METAPOLISとは、仮想空間meet-meに建設された、人とクルマ、地球と未来・夢・楽しさ、自然との共生を実現する仮想都市です。空間デザインは、攻殻機動隊でおなじみの押井守氏の手によるものです。
この仮想都市のさらなる活性化を目指して、学生視点の企画を提案するために、18人の学生は実際にMETAPOLIS内で活動し、問題点や改善点を発見、その解決案を企画書としてまとめ、メディアラグ株式会社に提出しました。

「Sex and the City」試写会運営補助

株式会社ギャガ・コミュニケーションズとのコラボレーション企画として、本社における映画「Sex and the City」の先行試写会2回と、東京厚生年金会館で行われた同映画の一般試写会、六本木ヒルズで行われたジャパンプレミアの計4回に10名の本学学生が運営補助として参加しました。特にジャパンプレミアでは、VIPの誘導や大規模なイベントの補助などを担当しました。

ページの先頭へ戻る