このエントリーをはてなブックマークに追加

ハラスメント防止の取り組み

ハラスメント防止の取り組み

産業能率大学では、学生及び教職員の基本的人権が尊重され、相互信頼のもとに学業や課外活動が行える環境を維持していくことを何より重要と考えています。
 セクシュアル・ハラスメントは、人としての尊厳(人格権)を侵害し、相互信頼を損なう行為です。いかなる個人による、いかなる形態のものでも、セクシュアル・ハラスメントが見過ごされてはなりません。
 本学は、セクシュアル・ハラスメントの問題に真剣に取り組むため、学生や教職員が安心して相談できる窓口を設置し、万一被害を受けた場合でも、適切かつ迅速に対応できる体制を確立しています。

セクシャル・ハラスメントって何?

本学では、キャンパスで発生する次のような行為を、セクシュアル・ハラスメントとみなします。
  • 利益または不利益を条件に、はっきりと、または   ほのめかして、性的な要求・誘いかけをすること。
  • 性的な要求・誘いかけに応じたか否かによって、 相手に利益または不利益を与えること。
  • 性的な含意のある言動を繰り返すことによって、 相手に不快の念を抱かせること。

こんな場合もセクシュアル・ハラスメント!

言葉上で
  • 性的な冗談や性的なうわさ話をする。
  • 相手の服装や外見について性的な批評をする。
  • 相手が断っているのにデートにしつこく誘う。

言葉以外で
  • 性的な写真や雑誌などを見せる。
  • 部室などにヌードポスターを掲示する。
  • パソコンの画面にわいせつな絵を映し出す。

直接の行動で
  • 特定の相手を何度もじっと見たり、つけ回す。
  • 相手の衣服や身体をむやみに触る。
  • 電子メールで嫌がらせやわいせつな文章を送る。
  • 学習や課外活動上の評価、進路への影響など    をほのめかして性的な要求をする。

「嫌だな」と感じたら・・

「これって、セクシュアル・ハラスメント?」と感じたら、自分を責めたり、一人で我慢したりしないでください。不快に感じたら、相手に恐怖を覚えたりすることがない場合には「嫌だ」とはっきり伝えましょう。また、セクシュアル・ハラスメントと感じた出来事をメモしておくと、誰かに相談するときに役立ちます。

一人で悩まず相談を!

どうしたらよいかわからない、相手に「嫌だ」と言えない、などの場合は、一人で悩まず相談窓口に来てください。電話や電子メールでもよいので、一番相談しやすい方法を選択してください。
 また、プライバシーの保護には細心の注意を払います。安心して相談してください。

相談したあとはどうなるの?

あなたの相談をじゅうぶんに聞いたあとで、問題解決のため相手にも話を聞く場合もあります。そして、被害を受けたことを相手に気づいてもらい、今後そのようなことをしないよう調整します。あなたが希望する場合には、適切な者に調停を依頼するなどの方法で問題解決に臨みます。
 また、相談したことであなたに負担がかかったり、再び嫌な思いをしたりすることのないよう、慎重にその後の対応を考えていきます。

■ 本学の相談対応のしくみ

ページの先頭へ戻る

  • ハラスメント防止の取り組み
    • ハラスメント防止の取り組み
      • ハラスメント防止の取り組み