このエントリーをはてなブックマークに追加

世田谷区立八幡中学校と学生との交流活動を自由が丘産能祭にて実施

世田谷区立八幡中学校と学生との交流活動を自由が丘産能祭にて実施

八幡中学校と学生との交流活動

自由が丘産能祭の開催期間にあたる11月12日(土)、世田谷区立八幡中学校の生徒の皆さんが、校外学習の一環で来校し、学生と交流活動を行いました。

八幡中学校3年生の「日本文化を知る」の授業のひとつとして、生徒の皆さんと引率の先生方が茶道体験のために来校しました。茶道部員がお茶室にて、作法の基本動作や掛け軸の意味などを説明し、お点前を披露しました。また、ラウンジでは、茶道部員の手ほどきのもと、生徒の皆さんにお抹茶を点てる体験をしていただきました。

八幡中学校と学生との交流活動

田中ゼミでは、学生有志による特別支援学級の調理実習の授業のお手伝いや公園の散策などを通じて交流活動を行っています。今年も学園祭に特別支援学級の生徒の皆さんを招待し、学生の手作りのパンフレットを手本に様々なイベントを体験してもらい、楽しいひと時を過ごしました。生徒の保護者の方からも以下のようなお礼の言葉をいただきました。

先日、中学校の土曜授業の一環として、産能大の学生の皆さんに産能祭に連れて行っていただきました。
事前に分かりやすいパンフレットを作ってくれ、お迎えに来てもらいそれを持って遊びに行かせてもらったようです。
お菓子釣りやスーパーボールすくい、たい焼きを食べたりと...帰ってくるなり、「楽しかった!来年も行きたい!!」と言っておりました。お兄さんお姉さんたちと一緒に過ごせてとても楽しかったようです。
本当にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る