このエントリーをはてなブックマークに追加

「自由が丘スイーツフェスタ2016」に学生が参加

「自由が丘スイーツフェスタ2016」に学生が参加

<本物のスイーツでできた「お菓子の家」>

4月29日(金)・5月3日(火)~5月5日(木)の4日間にわたり、「自由が丘スイーツフェスタ」が開催されました。
同イベントは、スイーツの街”自由が丘”としての魅力を伝えるべく、本物のお菓子で作ったお菓子の家の展示や、自由が丘の菓子店を巡るスタンプラリーのほか、ステージイベントや「おもちゃ博」など様々な企画が行われ、自由が丘の街は大いに賑わいました。

<ダンスパフォーマンスを実施した「大山舞人」のメンバー>

期間中は、本学の同好会「エンターテイメント・ラボ」や「セザンジュ」、ダンス同好会の「大山舞人」の学生が参加し、イベントの準備やチラシの配布、当日の各ブースにおける模擬店の運営等、さまざまな活動を行いました。

<植樹リレーにも本学学生が協力>

また、スイーツフェスタの開催期間中である5月3日(火・祝)には、東京オリンピック・パラリンピックに向け、目黒区が取り組むよりよい街づくりを推進するイベントとして「目黒区・自由が丘植樹リレー」が開催されました。これは、オリーブの苗木を八雲街角公園から自由が丘駅前広場までの約2kmを参加者約400名がリレーで手渡していくというイベントで、受付や誘導を行うボランティアスタッフとして本学の学生も参加しました。

経営学部 3年生 薄木 拓さん

自由が丘で開催されるイベントの一つである「自由が丘スイーツフェスタ」にエンターテイメント・ラボとして参加させていただきました。
今年度は4月29日、5月3・4・5日の4日間開催され、雨や突風で開催が心配される日もありましたが、終了することができました。
今年のイベントは初の経験がたくさんありとても刺激的な活動になりました。メンバー全員で協力してイベントを最後まで無事に終了することが出来たことが今回のイベントで一番大きかったと思います。今年の経験を後輩につなげて、来年度はもっと良いイベントに出来るように活動を続けていこうと思います。

ページの先頭へ戻る