このエントリーをはてなブックマークに追加

尾山台フェスティバルに学生が参加

尾山台フェスティバルに経営学部の学生が参加

塗り絵をするお子様を見守る学生

10月21日(土)・22日(日)、尾山台商栄会商店街振興組合(世田谷区)が主催する「第30回尾山台フェスティバル」の企画・運営に、本学の同好会「世田谷地域交流ラボ」と地域連携授業『世田谷タウンプロジェクト』を履修している学生が参加しました。
このイベントは、尾山台商店街が地域のコミュニティーの活性化のために開催しているもので、地域の関係団体や住民の皆様の出店により、毎年賑わいを見せています。

雨にもめげず、来場者へ風船のプレゼント

今年は両日ともに荒れ模様の天候でしたが、学生たちは商店街の公式キャラクター「オッポン」の塗り絵を子ども達と行ったり、風船のプレゼント等を通して、雨の中、来場したお子様や家族連れの皆様に精一杯のおもてなしをしました。

台風の接近により開催が心配されたイベントでしたが、事故もなく無事に終えることができました。参加した学生にとって、地域の方達との連携や来場者の皆様との交流の大切さが一層強く感じられた思い出深い体験となりました。

ページの先頭へ戻る