このエントリーをはてなブックマークに追加

二子玉川商店街の「大山みちフェスティバル」「アート&マート」に学生が参加

二子玉川商店街の「大山みちフェスティバル」「アート&マート」に学生が参加

ふたこたまご商店街200円市

10月29日(土)、二子玉川小学校の校庭にて、「第9回二子玉川大山みちフェスティバル」が開催され、「茶道部」・「世田谷地域交流ラボ(同好会)」・授業「世田谷タウンプロジェクト」の履修者が参加しました。

このお祭りは、二子玉川小学校や関連団体による実行委員会により、二子玉川商店街が、江戸時代に大山詣りで賑わった大山道のひとつであることに由来し、開催されているものです。

茶道部のお茶席受付

本学は、「茶道部」による抹茶とお菓子の提供。「世田谷地域交流ラボ(同好会)」と授業「世田谷タウンプロジェクト」の履修者が、各出店ブースでのお菓子や軽食の販売・ミニゲーム(すごろく、ストラックアウト、輪投げ)等の運営スタッフとして参加しました。
スタッフとして参加した本学の学生、参加してくれた子どもたち共に、笑顔の絶えないイベントとなりました。

路上でのお絵かき

続いて、11月3日(水・祝)、二子玉川商店街振興組合が主催する「青空アート&マート」が開催され、こちらも「世田谷地域交流ラボ(同好会)」の学生が参加しました。
当日は、お店のショーウィンドーや路上に絵を描いたり、テープで作ったレインボープールを運営したり、体中をペイントして楽しむなど、子どもが喜ぶイベントの演出をしました。晴天にも恵まれた、二子玉川商店街は多くの人で賑わい、アート一色で彩られました。

アート&マートの受付

この開催に向けて、本学の同好会「世田谷地域交流ラボ(同好会)」の部員は、これまでの運営会議への参加や事前準備に携わり、当日は運営スタッフとして、受付や商店街の商品販売、子供向けのアート作品の作成のお手伝いなどで活躍しました。この活動は、今年 で4年目を迎え、今では二子玉川周辺の地域の方々と学生との交流による温かいイベントになっています。 学生たちは、地域の方々に愛されるイベントの企画・運営を通じて、本学の学びを実践し、地域活性化の一端を担っております。

ページの先頭へ戻る