このエントリーをはてなブックマークに追加

経営学部科目「石垣島-自由が丘ブランディング」 公開シンポジウムを開催します。

“石垣島× 自由が丘” から考える 「未来シンポジウム~あるべきツアー、あるべき社会の姿~」

本学経営学部の地域創生・産学連携型授業「石垣島-自由が丘ブランディング」では、本学と産学官民による4者協定を締結している株式会社ユーグレナ、石垣市、自由が丘商店街振興組合のご協力のもと、石垣島観光ツアープランの制作を課題とし、学生と地域・企業が一体となり社会のあるべき姿を考え創出してきました。
この一年間の活動の集大成として、「未来シンポジウム~あるべきツアー、あるべき社会の姿~」と題し、社会に向けて提言を発信する初めてのシンポジウムを2月4日(月)に開催いたします。

シンポジウム概要

「未来シンポジウム~あるべきツアー、あるべき社会の姿~」

◇日時:2019年2月4日(月) 14:00開始 *入退場自由
◇参加/申込:参加費無料 / 事前申込不要
◇会場:野村證券自由が丘支店地下ホール(東京都目黒区自由が丘2-10-9)

◇登壇者:
石垣市観光文化スポーツ局観光文化課 宮良 賢哉 氏
株式会社ユーグレナ執行役員 福本 拓元 氏
都市再生推進法人株式会社J・SPIRIT 社長(自由が丘商店街振興組合相談役) 岡田 一弥 氏
産業能率大学 地域創生・産学連携研究所長 岩井 善弘 副学長
産業能率大学経営学部「石垣島—自由が丘ブランディング」履修学生

◇プログラム:
①ユーグレナ× 石垣市× 産業能率大学× 自由が丘 4者パネルディスカッション
②学生による未来提言メッセージ
産業能率大学経営学部の授業「石垣島—自由が丘ブランディング」履修生12名が、
石垣島の八重山商工高等学校の生徒とともに行ったフィールドワークなどの体験をベースに、
これからのツアーおよび社会のあり方をプレゼンテーションします。

これまでの授業、現地フィールドワークの様子

ページの先頭へ戻る