地域連携活動

地域を通して学ぶ
地域との連携活動を紹介します

「知識は実際に役に立ってこそ価値がある」ことを自ら実践した創立者の教えのもと、産業能率大学では実践的な考え方やその方法を学ぶため、授業科目をはじめ、様々な場面において学生を主体とする取組を広く展開しています。
学びの場は教室だけには限りません。キャンパスがある街をはじめに、私たちが暮らす社会に目を向けると、地域の特徴や魅力、課題にも出会います。そして、様々な提案を通じた学生主体の活動は、社会との接点をもつより具体的な活動へと展開していきます。ここでは、本学での実践的な学びと、地域での活動についてご紹介します。

ALT
地域創生・産学官連携企画「ISHIGAKI ADVENTURE」

本学と連携協定を締結している、石垣市との地域創生・産学官連携プロジェクトの一環として、本学学生が石垣市の高校生「Chura★I(ちゅらあい)」メンバーとともに島の魅力をPRするイベントを企画しました。

「自由が丘スイーツフェスタ2018」に多くの学生が参加

5月3日(木・祝)~5月6日(日)に「自由が丘スイーツフェスタ2018」が開催されました。このイベントは、スイーツの街”自由が丘”の魅力を伝えるべく、本物のスイーツで作ったお菓子の家の展示や…

二子玉川商店街のイベントに学生が参加

本学では、2004年から湘南ベルマーレと提携しており、2008シーズンよりホームスタジアム「ShonanBMWスタジアム平塚」(神奈川県平塚市)で行われる公式戦に地元の方をご招待しております。

二子玉川商店街のイベントに学生が参加

4月29日(日・祝)、二子玉川花みず木フェスティバル実行委員会が主催する「第36回二子玉川花みず木フェスティバル」が開催されました。

ページの先頭へ戻る