地域連携活動

地域を通して学ぶ
地域との連携活動を紹介します

「知識は実際に役に立ってこそ価値がある」ことを自ら実践した創立者の教えのもと、産業能率大学では実践的な考え方やその方法を学ぶため、授業科目をはじめ、様々な場面において学生を主体とする取組を広く展開しています。
学びの場は教室だけには限りません。キャンパスがある街をはじめに、私たちが暮らす社会に目を向けると、地域の特徴や魅力、課題にも出会います。そして、様々な提案を通じた学生主体の活動は、社会との接点をもつより具体的な活動へと展開していきます。ここでは、本学での実践的な学びと、地域での活動についてご紹介します。

ALT

世田谷区と区内の大学が連携した「世田谷区国際化プロジェクト」の一環として開催された「せたがや国際交流ラウンジ」に、本学の学生が参加しました。

ページの先頭へ戻る