このエントリーをはてなブックマークに追加

「第50回記念伊勢原観光道灌まつり」においてクリーンキャンペーン(清掃ボラ ンティア)を実施

「第50回記念伊勢原観光道灌まつり」においてクリーンキャンペーンを実施しました

10月14日(土)、15日(日)の2日間、伊勢原市最大のお祭り「第50回記念伊勢原観光道灌まつり」が行われました。例年この催しには本学学生と地元の高校生が協力して「クリーンキャンペーン」という、お祭りが開催されているエリアを清掃する活動を行っており、今回も伊勢原高等学校と自修館中等教育学校の2校の生徒の皆さんに参加いただきました。

第50回記念伊勢原観光道灌まつり

14日(土)は朝から小雨模様でした。しかし今回の参加者はちょうど第50回を迎えることもあってか、大学生10人に対しなんと高校生35人というこれまでにない応募があり、なんとしても参加してくれた高校生たちの希望に応えたいとギリギリまで待つことにしました。その願いを天が聞いてくれたのか15時からようやく雨も上がり、30分遅れでしたが皆でグリーンの揃いのTシャツを着てクリーンキャンペーンの実施にこぎつけました。

第50回記念伊勢原観光道灌まつり

なお、今回は人数が多いため従来の3班から4班にグループを増やし、道灌まつりのエリア内を清掃しました。しかし朝からの雨のため、お祭りの見物客自体が非常に少なく、そのため、幸か不幸かゴミもほとんど落ちておらず、お祭りのエリアを2回廻って90ℓのゴミ袋で3袋分(昨年は2日間で22袋)のゴミの回収に留まりました。

翌15日(日)は、また朝からの雨。昨日のように雨が上がることを期待して14時まで待ちましたが一向に降りやまず、天気予報も終日雨のまま。そのため残念ながら中止としました。
しかし参加した学生・生徒からは「地元を清掃で来てよかった」「また来年も参加したい」といった感想が寄せられ、ボランティアを通じて地域の方との触れ合いや、参加した大学生と高校生、高校生同士の交流等の体験を積む機会となったようです。

第50回記念伊勢原観光道灌まつり

ページの先頭へ戻る