このエントリーをはてなブックマークに追加

「湘南ひらつかテクノフェア2017」に出展

「湘南ひらつかテクノフェア2017」に出展しました

10月26日(木)~28日(土)の3日間に渡り、ひらつかサン・ライフアリーナにて『湘南ひらつかテクノフェア2017』が開催されました。
開催の3日間は比較的天気に恵まれ、会場には多くの人が訪れました。

「湘南ひらつかテクノフェア2017」出展

本学のブースについても、企業の方・一般の方と多くの来場がありました。
今年度は、『アクティブラーニングを取り入れた実践的な教育の提示と湘南キャンパスを中心とした本学の地域振興活動の紹介』をテーマに、大学情報の公開・ 展示を行いました。
ブースでは、本学情報マネジメント学部に於いて取り組んでいる「アクティブラーニング」の特徴、PBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)を活用した実践的な授業の紹介を行いました。特に、PBLについては企業や地元スポーツチームと共同で進めている様々なプロジェクトについて、これまでの成果について詳しく報告しました。

さらに、27日11時からは、産学公講演会として、情報マネジメント学部の荒木淳子准教授による講演を開催しました。
荒木准教授は「女性のキャリアと上司マネジメント—キャリア展望と仕事と家庭の相互充実感に着目して—」というタイトルで、これまで企業と共同で進めてきた研究の成果を発表しました。
会場では、企業の管理職の方々を中心に多くの聴講者を集め、講演終了後も質問や相談が多く寄せられました。

「湘南ひらつかテクノフェア2017」出展

ページの先頭へ戻る