地域連携活動

地域を通して学ぶ
地域との連携活動を紹介します

「知識は実際に役に立ってこそ価値がある」ことを自ら実践した創立者の教えのもと、産業能率大学では実践的な考え方やその方法を学ぶため、授業科目をはじめ、様々な場面において学生を主体とする取組を広く展開しています。
学びの場は教室だけには限りません。キャンパスがある街をはじめに、私たちが暮らす社会に目を向けると、地域の特徴や魅力、課題にも出会います。そして、様々な提案を通じた学生主体の活動は、社会との接点をもつより具体的な活動へと展開していきます。ここでは、本学での実践的な学びと、地域での活動についてご紹介します。

ALT
「環境エネルギー・ラボ2017」に学生が参加

10月7日(土)~8日(日)、二子玉川ライズ(世田谷区)で開催された「環境エネルギー・ラボ2017」に、本学の学生が運営スタッフとして参加しました。

大磯チャレンジフェスタ2017に参加(湘南キャンパス)

10月1日(日)、大磯町在住者を対象に行われるスポーツイベント「大磯チャレンジフェスタ 2017」(主催:大磯町)が大磯運動公園にて開催され、本学から松岡ゼミ、中川ゼミの学生有志が参加しました。

等々力六丁目町会「納涼盆踊り大会」に学生が参加

8月22日(火)、世田谷区の等々力六丁目町会主催による「納涼盆踊り大会」が地元の中学校(世田谷区立八幡中学校)の校庭で行われ、本学の同好会「世田谷地域交流ラボ」の学生が運営スタッフとして参加しました。

世田谷区立用賀中学校 茶道部との合同稽古を実施

8月7日(月)、世田谷区立用賀中学校 茶道部の生徒の皆さんを自由が丘キャンパスのお茶室にお招きして、茶道部との合同稽古を実施しました。

「自由が丘スイーツフェスタ2017」に学生が参加

4月29日(土)~5月7日(日)に「自由が丘スイーツフェスタ」が開催されました。このイベントは、スイーツの街”自由が丘”としての魅力を伝えるべく、本物のお菓子で作ったお菓子の家の展示や、自由が丘の菓子店を巡るスタンプラリーのほか...

二子玉川商店街のイベントに学生が参加

4月29日(土・祝)、二子玉川花みず木フェスティバル実行委員会が主催する「第35回二子玉川花みず木フェスティバル」が開催されました。

ページの先頭へ戻る