2015年度 第1回 デジタルコンテンツに関する学内公開講座(開催報告)

コンテンツビジネス研究所主催「第1回学内公開講座」を開催

下記のとおり、コンテンツビジネス研究所主催の学内公開講座を実施いたします。

開催案内

日 程 :
2015年7月3日(金)15:15~17:15
場 所 :
湘南キャンパス 1号館 501教室
自由が丘キャンパス 6号館 6202教室 (テレビ会議システムにより中継)
テーマ :
コンテンツ業界の現状と今後の展望
対 象 :
在学生、教職員
内 容 :
コンテンツ業界の現状と今後について、コンテンツビジネス研究所客員研究員と本学教員(研究所研究員)がパネルディスカッション形式で進めていきます。
パネラー:
<コンテンツビジネス研究所 客員研究員>
一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会 太田 輝仁氏
エイベックス・ピクチャーズ株式会社 穀田 正仁氏
メディアラグ株式会社 藤井 雅俊氏
<本学教員(コンテンツビジネス研究所 研究員)>
小田 実、川野邊 誠、北川 博美、柴田 匡啓

開催報告

コンテンツビジネス研究所主催「第1回学内公開講座」

2015年7月3日(金)に、コンテンツビジネス研究所主催の学内公開講座「コンテンツ業界の現状と今後の展望」が開催されました。

お招きした3名のパネラーからは、事前に学生から募った質問にお答えいただく形でお話しいただきました。会場の教室がほぼ満員となる約240名の学生が参加し、熱心にメモを取りながら聞き入っていました。

コンテンツビジネス研究所主催「第1回学内公開講座」

今回学生から寄せられた主な質問は以下のとおりです。

  • コンテンツ業界に入るまでの経緯と、この業界に進む決意をされたのがいつかをお教えください。
  • 映像を使った新しいビジネスで、どの様なことをお考えですか?
  • 今日のビジネスでは「見える化」が重要だと言われていますが、コンテンツビジネスでの関わりはどのようにお考えですか?
  • 地域活性化にコンテンツを利用する動きがありますが、長く続けることが大事だと思います。そのために地域で工夫されていることがあれば教えて下さい。
  • コラボレーションはアーティストが企画するのですか?それとも企業が積極的に進めているのですか?
  • TPPがコンテンツビジネスに与える影響について教えて下さい。
  • 大学2年生、3年生の時期にやっておくべきことは何でしょうか?コンテンツ業界に限らず、就活を迎える学生へのアドバイスをお願いします。

コンテンツビジネス研究所主催「第1回学内公開講座」

これらをもとに、客員研究員の方々から映像や資料もまじえながら丁寧にお話を頂きました。「既に世の中に出ている情報を追いかけていては手遅れ。企画する側は、まだ誰も気付いていないことをいち早く仕掛ける必要がある。」「最先端の話を聴いて、難しいと思って諦めるのか?知的好奇心をもって積極的に取り組むのか?この姿勢で、若い人の今後が変わってくる。」など、就活を契機に真剣にビジネスに向き合おうという学生にとっては刺激的で示唆に富むお話を頂き、非常に有意義な時間となりました。

コンテンツビジネス研究所主催「第1回学内公開講座」

コンテンツ業界の実状や、これから注目すべきヒントなどのお話も聞かせて頂き、講演終了後も個別質問を求める学生の列がなかなか途切れないことが印象に残りました。

ページの先頭へ戻る