2017年度 第2回 デジタルコンテンツに関する学内公開講座(開催報告)

コンテンツビジネス研究所主催「第2回学内公開講座」を開催

下記のとおり、コンテンツビジネス研究所主催の学内公開講座を実施いたしました。

開催内容

日 程 : 2017年12月8日(金) 16:00~18:00
場 所 : 湘南キャンパス501教室
      自由が丘キャンパス同時中継
対 象 : 本学学生、教職員
テーマ : デコラボギャラリー作品講評と制作において押さえるべきポイント
パネラー
<コンテンツビジネス研究所客員研究員(3名)>
・太田 輝仁氏(一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)
・穀田 正仁氏(エイベックス・ピクチャーズ株式会社)
・陸川 和男氏(株式会社キャラクター・データバンク)
<コンテンツビジネス研究所研究員(本学情報マネジメント学部教員)>
・小田 実、川野邊 誠、北川 博美、柴田 匡啓

開催報告

第2回学内公開講座

12月8日(金)にコンテンツビジネス研究所主催の学内公開講座:「デコラボギャリー作品講評と制作において押さえるべきポイント」が開催されました。

今年度応募された作品は、合計39作品(静止画部門:15作品、動画部門:15作品、ゲーム部門:3作品、Webコンテンツ部門:1作品、電子出版部門:1作品、先進表現部門:4作品)で、これらの中から、コンテンツビジネス研究所客員研究員5名と同研究所担当教員4名による審査の結果、最優秀賞、各部門賞、功労賞、デコラボ賞、コンテンツビジネス研究所長賞が選出されました。

リンク : 受賞作品一覧

第2回学内公開講座

当日は、両キャンパス合わせて165名の学生が参加。各賞の発表・表彰の後、受賞作品に対するパネラーからの講評が示されました。作品講評では、好評価のポイントだけでなく、より良い作品にするためのプロ目線からのアドバイスも示され、作者はもちろん、それ以外の参加者にとっても今後の参考となる意見を聞く良い機会となりました。
その後、各パネラーにより、制作を行う上での知的財産に関する取り扱い方、2017年のキャラクタービジネスの動向や、今後制作を行う上で必要な視点などのテーマでパネルディスカッションが展開されました。

ページの先頭へ戻る