キャリア教育と就職

力強いキャリア教育と就職

 SANNOはいかなる時代においても 「いかんなく力を発揮し、社会で活躍できる実践力と人間力を備えた人材の育成」を、 教育の重要なテーマにしています。私たちが考える人間力とは、職業意識と、実行性の高い知識・技能が備わっていることです。
真剣に取組む力。実行する力。深く学ぶ力。 人間力を高めるための3つの力。
社会人教育というバックグラウンドが、一つの答えを示してくれました。 SANNOの教育プログラムには、知識習得、技能習得という目的に加え、「人間力の育成」のエッセンスが惜しみなく注がれているのです。

 本学では、将来のキャリア設計に対する意識を持ち、目標を持って主体的に学ぶことの重要性を「キャリアデザイン科目」を通じて理解します。「キャリアデザイン科目」は、正規の科目として設けられており、「キャリア設計科目」「資格取得講座」からなります。

 実社会で通用する自分をつくりあげるために4年間かけて準備を行う、それがSANNOの学び方です。その初年次教育について、「SANNOの独自の学び方」を学ぶ1年次学習の中心にあるゼミナールなどを中心にご紹介いたします。

 本学では、学生個々の力が十二分に発揮できる一人ひとりの個性にあった就職を目指し、まず教員、職員が一人ひとりをじっくり理解するところから始めます。
 また、キャリアセンターを自由が丘、湘南の両キャンパスに配置し、求人の探し方や履歴書のチェック、面接での自己PRのアドバイスなど、学生の就職活動を支援するために専任スタッフが相談に応じています。

 本学では、専門能力を身につけると同時に、計画を立てて物事に望む姿勢を学ぶと同時に、社会で活かせる力を身につけます。授業でも、ビジネス社会で重要視される資格を取得できるようバックアップします。

 世の中でインターンシップの重要性が注目される以前から、本学では、学生の職業観の育成にビジネスの現場での体験学習を取り入れていました。
 本学のルーツである日本能率学校の頃の話として、創立者・上野陽一が、学生にセールスの本質を学ばせるため、佃煮を仕入れて実際に販売実習を行ったというエピソードが伝えられています。

本学の就職に関する情報を提供します。

ページの先頭へ戻る