第1回青旗祭(あおきさい) (自由が丘キャンパス)

開催概要

開催日 12月18日(金)

時間 12:00~17:00

場所 駒沢オリンピック公園体育館

主催 青旗祭実行委員会

後援 産業能率大学後援会

大会概要

今年から自由が丘キャンパスの大学行事として、毎年12月に湘南キャンパスで実施している大山登攀競技大会と同様に経営学部生が参加しやすく、今後も継続的に行なう行事として第一回青旗祭(あおきさい)を12月18日に駒沢オリンピック公園体育館を利用して開催しました。青旗祭の名称は、本学スクールカラーの「青」と、エンブレムの5つのコンセプトの一つである「フラッグ(常勝を意味する勝利の“旗”)」に由来しています。

第一回青旗祭実施報告

青旗祭は今年から自由が丘キャンパスの大学行事として以下3点を目的として開催されました。
①企画・運営・参加を通して直面する課題を深く考え抜き、対策を立案し行動する能力を涵養する。
②自分の意見を述べる積極性と相手の意見を取り入れる柔軟性を持ち、大学で学んだスキルをイベントの場で実践する。
③経営学部の学生全員が参加しやすく、今後も長く継続できるイベントとして実施する。
 当日は、目的を達成するために、ゼミとしての目標、個人としての目標を参加者824名全員が考え、振返りをするPDCAシートが配布されました。
チームの目標を達成するために、応援に力を入れるチームや、競技に参加する学生の選出方法を工夫するなどしていました。

競技の内容はいずれも、チームワーク力が試されるもので、人文字では、会場全体が一体となり競技者を応援する光景が見られました。また、人文字ではスクリーンに映し出された「お題」の漢字を苦労しながら再現していました。行事をとおして協同し、応援をとおして共感し合う事ができた良いイベントとなりました。

青旗祭実行委員長の佐藤委員長は、「大会の運営を振返り、目的を達成するための目標をたて、実際に参加し結果を見直し、次年度に向けた改善案までを考えるPDCAサイクルを意識したイベントにすることができた点が第二回以降の青旗祭へ引き継がれていく事を期待しています。」と話してくれました。

ページの先頭へ戻る