2016年度 計画

2016年度の重点事業

  • 前年度の成果を受けてラーニングコモンズによる学修成果の向上をより一層加速するため、簿記等の学習上のサポートができるスタッフを一部のラーニングコモンズに配置する。
  • 前年度の成果を受けて学修成果をさらに多面的に把握するため、PROG テストで測定された本学学生および卒業生の技能・態度が、企業からどのような評価を受けているか調査を行う。
  • 教育支援センターおよび学習支援センターの事業ノウハウを確立し、自主財源による運営に移行する準備を行う。

事業 具体的な実施内容
(1) 教育方法の改善
  • スタッツデータ測定、分析および教員に対するコンサルテーションの実施
  • 科目内容の違いによるAL型教室の適性に関する検証
  • 大教室におけるALサポートツールを用いた授業設計・進行についてのノウハウ蓄積
  • 高次のPBLのスタートアップ支援(教材やワークシートの設計アドバイスなど)
(2) 教育プログラムの改善
  • 事前・事後学習の内容に関するチェックの組織的運用の確立
  • 授業撮影による問題点発見ノウハウの確立
  • リーディング・ライティング量の全学的管理の試行
(3) 学習支援の強化
  • 学習支援センターの認知度向上、学習支援サービスの充実強化
  • 出欠等の学習行動データの測定、ラーニングポートフォリオの運用
  • ラーニングコモンズにおける学習環境の向上施策の検討
  • 学習サポートスタッフの配置
(4) 学修成果の多面的把握
  • 2,3年生を対象にPROGテストを実施
  • 卒業生に対してアンケート調査を実施。学修成果を検証
  • 学生の主な就職先に対してヒアリング調査を実施。本学学生の評価を問う
(5)事業成果の三方発信
  • 特設サイトの運用
(6)その他
  • 第三者評価委員会および専門家委員会の開催

ページの先頭へ戻る