2014年度 計画

2014年度の重点事業

  • 本事業の核となるスタッツデータの測定方法・ツールについて設計・開発を行い、測定データの分析結果に基づいて教員に対するコンサルテーションを試行する。
  • 次世代のAL型教室設置に向けた実験教室の設計・設備整備を行い、従来の教室と実験教室での授業に対する評価の違いを検証し、教育方法の改善の契機とする。また、実験教室にて大教室におけるALをサポートするツールの効果検証を行い、教員に対するコンサルテーションの充実を図る。
  • 特設サイトを開設し、今後の事業の進捗および事業成果を公開する体制を整える。
  • 外部の専門家を招聘し、第三者評価委員会および専門家委員会を組織し、外部の意見を取り入れながら事業成果を高めていく体制を整備する。

事業 具体的な実施内容
(1) 教育方法の改善
  • スタッツデータの測定項目の設定、測定シートの作成
  • 測定スタッフのトレーニングメニューの作成、スタッツデータ測定の試行
  • スタッツデータの分析方法の検討、分析の試行、教員に対するコンサルテーションの試行
  • 自由が丘キャンパス6号館に実験教室を開設
  • 通常の教室と実験教室で、学生の授業評価に違いがでるか等について検証
  • 大教室におけるALサポートツールの効果検証
  • 検証結果の教員への共有、授業改善への反映
(2) 教育プログラムの改善
  • 事前・事後課題のチェック項目の設定、データ収集方法の検討
  • 授業撮影の試行(機器のセッティング場所の確認など)
(3) 学習支援の強化
  • 学習支援センターの学習支援の流れの再検討
  • 授業への出席状況を中心とした学生の学習行動データを一元管理する体制の設計
(5)事業成果の三方発信
  • 特設サイトの設計、構築、公開、運用開始
(6)その他
  • 外部委員の招聘、第1回会合の開催

ページの先頭へ戻る