このエントリーをはてなブックマークに追加

南山学会シンポジウム「大学教育におけるアクティブラーニングの推進」

事業成果の発信

2016年11月9日(水)、南山大学名古屋キャンパスR49教室にて、南山学会シンポジウム『大学教育におけるアクティブラーニングの推進』が開催されました。本シンポジウムにおいて、AP事業推進責任者である経営学部杉田一真准教授が「アクティブラーニングの組織的推進」と題して講演を行いました。
本講演では、本学が、第一次教育改革(教育基盤の整備)、第二次教育改革(教育力強化のための組織基盤の整備)を経て、AP事業を梃子に第三次教育改革(教員個人の教育力と組織的な教育力の統合的強化)に取り組んでいる現状を説明し、アクティブラーニングを組織的に推進していくためのポイント、そのための具体的な施策・体制などについて解説を行いました。

ページの先頭へ戻る