このエントリーをはてなブックマークに追加

公開FD研修会「アクティブラーニングと学修成果の可視化について」を開催

活動報告

2016年2月12日(金)、自由が丘キャンパスIVYホールにて、公開FD研修会「アクティブラーニングと学修成果の可視化について」を開催しました。
まず、同志社大学社会学部 山田礼子教授に「学士課程における学修成果の可視化と質保証」と題して基調講演をいただきました。その後、本学経営学部杉田一真准教授(AP事業推進責任者)が本AP事業の大学改革における位置づけ、事業進捗などについて報告し、本学経営学部松尾尚教授が本学のIR調査の取り組みおよび調査結果について報告しました。

つづいて、参加者が小グループに分かれて、基調講演および本学の取り組みに関する報告内容を踏まえて「学習成果の可視化データを大学教育の質向上に結びつけるために、大学には今後どのような取り組みが求められるか」についてディスカッションを行いました。 ディスカッションの中では、各大学の学習成果の可視化を目的とした取り組みの紹介やIR調査の実施に関する情報交換なども行われました。

公開FD研修会概要

 
タイトル アクティブラーニングと学修成果の可視化について
日時 2016年2月12日(金)13:30〜16:30
会場 自由が丘キャンパス IVYホール
プログラム
13:30〜13:35 開会の挨拶
産業能率大学 学長 宮内ミナミ
13:35〜14:35 基調講演
学士課程における学習成果の可視化と質保証」
同志社大学 社会学部
教授 山田 礼子 氏
14:35〜14:50 休憩

14:50〜15:10 報告
「大学教育再生加速プログラム(AP)の取り組みについて」
産業能率大学 経営学部 准教授 杉田 一真
15:10〜15:40 報告
「本学のIR調査結果について」
産業能率大学 経営学部 教授 松尾 尚
15:40〜16:25 グループディスカッション
コメンテーター:
同志社大学 社会学部 教授 山田 礼子 氏
産業能率大学 経営学部 教授 倉田 洋
産業能率大学 情報マネジメント学部 准教授 荒木淳子
16:25〜16:30 閉会の挨拶
産業能率大学 教育開発研究所 所長 鬼木 和子

ページの先頭へ戻る