2年間の学習のしくみ

  本学では、各コースの教育目標の達成に向けて体系的な学習ができるように、コースごとに配本科目を定めています。いずれのコースであっても、授業料の枠内で1年次に38単位、2年次に28単位、2年間の合計で66単位分のテキストを配本します。  また、本学では1年間に履修登録できる単位数の上限を44単位と定めています。上記のとおり、各コースともに授業料の枠内で1年次に38単位、2年次に28単位のテキストを配本しますので、1年次については6単位、2年次については16単位まで、追加履修によって、配本科目以外の授業科目を学習することもできます。

 

  授業料の枠内で配本する単位数 追加履修
1年次 配本する授業科目(38単位) 6単位まで
2年次 配本する授業科目(28単位) 16単位まで
1年間に履修登録できる単位数=44単位
 なお、上記の年間履修登録単位数の上限(44単位)は、あくまでも年間に履修登録できる単位数の上限という意味であり、1年間に学習できる(リポートを提出したり科目修得試験やスクーリングを受けることができる)単位数の上限ではありません。本課程の場合、テキストが配本されている授業科目および追加履修した授業科目は、在学期間中であれば単位を修得するまで、いつでも学習することができます。

配本の仕組み

 配本は、(1)1年次入学時、(2)2年次進級時の2回に分けて行います。
  なお、2年次編入学の場合は、授業料の枠内で配本する授業科目は38単位で、2年次編入学時に一括して配本します。

科目修得試験の受験料やスクーリング受講料等は、すべて授業料に含まれています

 本学の授業料には、2年間に配本する66単位分の授業科目のテキスト代、リポート添削指導料、科目修得試験受験料、スクーリング受講料等が含まれています。
  従って、万一、科目修得試験に不合格になっても、追加費用なしで再受験することができます。また、スクーリングは年平均4科目受講すれば卒業要件を充たすことができますが、配本科目であれば何科目でも追加費用なしで受講することができます。
(演習料など、別途費用が必要な場合があります。)