前のページに戻る
募集人員
入学の時期および
入学志願書受付期間
選考方法
正科生の入学資格
正科生の卒業要件
単位認定
科目履等修生の入学資格等
入学資格取得生の入学資格等
学費

自由が丘産能短期大学通信教育課程 学生募集要項概要(2017年度)

※詳細と入学志願書などの書類については、入学案内資料(無料)をお取り寄せのうえご確認ください。入手ご希望の方はこちらへ。

【募集人員】

能率科(正科生)1,500名

〈実務・能力開発系コース群〉
経営管理コース
女性のためのキャリアアップコース
現代教養コース
国際コミュニケーションコース
ビジネスセンスアップコース
ビジネス・コミュニケーションコース
ビジネス教養コース
〈心理・福祉系コース群〉
心理学基礎コース
福祉と心理コース
〈資格系コース群〉
社会保険労務士コース
税理士コース
※入学の形態には、正科生、入学資格取得生、科目等履修生があります。


【入学の時期および入学志願書受付期間】

2017年度の入学時期と入学志願書受付期間は次の通りです。
入学時期
入学日
入学志願書受付期間
前学期入学
4月1日付
2017年1月10日〜4月30日(本学必着)
後学期入学
10月1日付
2017年7月1日〜10月31日(本学必着)
必要な手続き内容、書類など詳細につきましては、入学案内書をお取り寄せのうえ、学生募集要項をご覧ください。資料請求はこちらから
ページトップへ戻る

【選考方法】

学力試験はありません。入学志願書・証明書等により書類審査を行います。

【正科生の入学資格】

正科生は、短期大学士の学位取得をめざす方です。
<入学資格>
(前学期入学生は2017年3月、後学期入学生は2017年9月卒業見込、修了見込の方も含みます)

〈1〉1年次入学
2017年4月1日現在、満18歳以上で、次の(1)〜(9)のいずれかに該当する方。
(1)高等学校もしくは中等教育学校を卒業した方。
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した方。
(3)高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格した方。
(4)本学通信教育課程の入学資格取得生として所定の単位を修得した方。
(5)高等専門学校(5年制)の第3学年を修了した方。
(6)他の大学または短期大学を中退した方。
(7)外国において学校教育における12年の課程を修了した方。
(8)専修学校高等課程を卒業した方。

〈2〉2年次編入学
(1)大学・短期大学または高等専門学校(5年制)を卒業した方。
(2)専修学校専門課程(専門学校)を卒業した方。
 ※次の事項をすべて満たす方が対象となります。

  • 高等学校等を卒業し、大学入学資格を有する方。
  • 出身校が、次のAまたはBのいずれかに該当する方(ご不明な場合は、「専修学校専門課程(専門学校)卒業・成績証明書」の発行を依頼する際、出身校にご確認ください)。
    A)専門士の称号の付与が認められている(平成6年度以降制定の称号)。
    B)修業年限が2年以上で、卒業の時点で専修学校専門課程の許認可を都道府県より受けていて、卒業に必要な総授業時数が、1700時間以上である。
  • 試験等により成績の評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定を行っている。
 専修学校制度発足(=昭和51年1月)以前の卒業者は専修学校専門課程に該当しません。

(3)4年制大学に2年以上在学し、62単位以上修得した方。ただし、通信教育課程を退学(除籍を含む)した場合は、うち15単位以上を面接授業(スクーリング)で修得した方(詳細については「学生募集要項」でご確認ください)。
(4)海外の大学または短期大学を卒業した方。
(5)大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された方。

〈3〉再入学(1年次〜2年次)
(1)本学を退学、除籍になった方。
※在学期間と修得した単位数によって再入学年次が決まります。詳細は「2017年度学生募集要項」でご確認ください。

ページトップへ戻る

【正科生の卒業要件】

<1年次入学の場合>
以下の(1)〜(3)の要件を満たすことが必要です。
(1)2年以上在学していること。
(2)下表の卒業に必要な単位数をすべて修得していること。
(3)下表の卒業に必要な単位数のうち15単位以上を面接授業(スクーリング)によって修得していること。
≪卒業に必要な単位数の内訳≫
授業科目区分
卒業に必要な単位数
教養教育科目
16
26
専門教育科目
20
合 計
62(15)

※( )内はスクーリング単位数

<2年次編入学の場合>
以下の(1)〜(3)の要件を満たすことが必要です。
(1)1年以上在学していること。
(2)下表の卒業に必要な単位数をすべて修得していること。
(3)下表の卒業に必要な単位数のうち8単位以上を面接授業(スクーリング)によって修得していること。
≪卒業に必要な単位数の内訳≫
授業科目区分
卒業に必要な単位数
教養教育科目
0
12
専門教育科目
20
合 計
32(8)

※( )内はスクーリング単位数
ページトップへ戻る

【単位認定】

<入学前の本学・他大学等における既修得単位の認定>

入学前に本学または他大学等において修得した単位等を以下のとおり認定し、卒業に必要な単位数に算入することができます。
入学年次
対象者
認定単位数
( )内はスクーリング単位数
1年次
他の大学・短期大学退学・除籍者
30(6)単位を上限(入学前の技能審査等の合格に係る学修による認定単位を含む)に、入学年度の開設科目の内容や単位数に照らして個別に認定。なお、単位認定を希望する場合は、出願時に、先に在学した大学のシラバス(講義要綱)の提出が必要です(該当の科目が掲載されているもの)。
本学の入学資格取得生修了者
本学の入学資格取得生として修得した16単位の他、入学前の技能審査等の合格に係る学修に対する認定および本学の科目等履修生として修得した単位も合わせて30単位を上限に認定。スクーリング単位も個別に認定。
本学の科目等履修生
30(30)単位を上限に、修得した単位について個別認定と一括認定を組み合わせて、すべて認定(上限単位には他の大学等における学修や技能審査等の合格に係る学修等に対する認定単位を含む)。
技能審査等の合格者(簿記検定などの資格取得者)
技能審査等の合格に対し、本学の所定の授業科目の単位として認定し、卒業に必要な単位数に算入します。
〈対象となる技能審査等の申請期間〉
 前学期:2017年3月までに合格したもの(2017年5月20〜31日に要申請)
 後学期:2017年9月までに合格したもの(2017年11月20〜30日に要申請)
2年次
2年次編入学者
30(7)単位。
卒業に必要な単位のうち教養教育科目の単位を16単位、その他教養教育科目、専門教育科目の中から修得することを義務付けた26単位のうち14単位をそれぞれ一括認定。

<入学前の技能審査等の合格に係る学修(1年次入学生のみ)>※2年次編入学生と再入学者を除きます。
技能審査等の合格者に対し、30単位を上限(入学前の本学・他大学等における既修得単位の認定を含む)に単位を認定し、卒業に必要な単位に算入します。詳しくは学生募集要項でご確認ください。

<対象となる技能審査等の合格期間と申請期間>
入学期
対象となる技能審査等の合格期間
申請期間
前学期
2017年3月までに合格したもの
2017年5月20日〜5月31日
後学期
2017年9月までに合格したもの
2017年11月20日〜11月30日
*この申請期間以降に合格した技能審査等については、入学後に単位認定の申請を受け付けます。

ページトップへ戻る

【科目等履修生の履修資格等】

科目等履修生は、通信教育課程が開設している授業科目から任意の授業科目を履修する方です。
<履修資格>
2017年4月1日現在で満18歳以上の方。
※科目等履修生としての履修を許可されていたにもかかわらず、直近の2年間にわたり学修履歴(=リポートの提出、科目修得試験の受験、面接授業(スクーリング)の受講のいずれか)がない方は、履修資格はありません。
<履修期間>
前学期生 2017年4月1日〜2018年3月31日
後学期生 2017年10月1日〜2018年9月30日
◎履修する年度に開設されている授業科目の中から、希望する授業科目(一部の授業科目を除く)を1科目から履修できます。1年間で履修できる単位数は32単位を上限とし、入学時に申し込みができる授業科目数は9科目を上限とします。10科目以上の受講を希望する場合は、入学後に追加受講の手続きをお取りください。
〈追加受講科目の履修期限〉
前学期入学生:2018年3月31日
後学期入学生:2018年9月30日

◎正科生(1年次入学)として新たに入学した場合は、科目等履修生としての既修得単位を入学年度の授業科目内容や単位数と照らして個別に認定します。なお、入学年度に開設されていない授業科目は、授業科目の内容と単位数をもとに本学の授業科目区分に応じて一括認定します。卒業に必要な単位に算入します(スクーリングで修得した単位は、スクーリング単位として認定します)。
ページトップへ戻る

【入学資格取得生の履修資格等】

入学資格取得生は、所定の単位を修得することによって、本学通信教育課程の正科生への入学資格(1年次入学)を得ることをめざす方です。
<履修資格>
2017年4月1日現在で満15歳以上の方。
<履修期間>
6か月以上1年以内
<正科生への入学資格取得に必要な授業科目と単位数>
授業科目区分
授業科目名
単位数
教養教育科目
心理学
4単位
社会学概論
2単位
法学概論
2単位
創造性の開発
4単位
自然科学概論 2単位
日本の文学とことば
2単位
合計
16単位
◎正科生(1年次入学)への入学資格は、所定の単位を修得することに加え、正科生として入学する年度の4月1日現在、満18歳以上であることが条件となります。
◎正科生として新たに入学した場合は、入学資格取得生として修得した16単位を認定し、卒業に必要な単位数に算入します(スクーリングで修得した単位はスクーリング単位として認定します)。
◎所定の履修期間内に正科生への入学資格取得要件を満たさなかった方、または途中で履修を辞退した方が入学資格取得生として再度履修する場合、既修得単位を認定し、かつ登録料を免除しますので、出願前に必ず入学受付担当にご相談ください。
◎本学の入学資格取得生を経て正科生になった方は、本学を退学して他大学に正科生として入学することはできません。また、本学通学課程への転籍もできません。なお、卒業に至らなかった場合は、短期大学中退の扱いにはなりません。
ページトップへ戻る

【学費】

<正科生>
(単位:円)
学費内訳
1年次入学
2年次編入学
1、2年次再入学
書類選考料
10,000
10,000
免除
入学金(※注1)
30,000
30,000
免除
編入料
20,000
授業料(※注2)
180,000
180,000
180,000
全納額合計
220,000
240,000
180,000
分納の場合
(※注3)
入学時納付
130,000
150,000
90,000
2回目納付
90,000
90,000
90,000
※注1:親族(親、子女、兄弟姉妹(義理も含む)、配偶者)が本学または産業能率大学の卒業者の場合は、入学金を免除します。
※注2:授業料には、テキスト代、リポート添削料、スクーリング受講料、科目修得試験受験料が含まれます。海外に在住の方は、テキストの送料を別途負担していただきます。
※注3:年間の授業料は2回に分けて分納することが可能です。2回目の納付期限は、前学期入学生は8月20日、後学期入学生は翌年2月20日です。
◎卒業時に卒業諸費として6,000円程度と校友会費10,000円が別途必要です。

<シニア奨学金制度>
 入学時(前学期入学生は4月1日、後学期入学生は10月1日現在)の年齢が満60歳以上の方で、正科生として入学する方には、シニア奨学金を給付します(過去にシニア奨学金を利用された方を除きます)。
 奨学金の給付は入学年度のみで、年間90,000円を給付し、入学時の授業料に充当します。
 なお、他の奨学金(上野通教奨学金と校友会奨学金)、ならびに本学または産業能率大学を卒業した方の親族に適用する入学金の免除は、シニア奨学生以外の方を対象としますので、ご留意ください。

<科目等履修生>
登録料
7,000円
受講料
1単位当たり5,000円
◎受講料は2単位科目は10,000円、4単位科目は20,000円です。
◎受講料には、テキスト代、リポート添削料、スクーリング受講料、科目修得試験受験料が含まれます。
◎本学または産業能率大学の卒業生が科目等履修生として学修する場合のみ、登録料7,000円を免除します。この場合、履修志願書に必ず卒業時の学生番号を記入し、受講料のみ納入してください。
◎本学の科目等履修生を修了した後、新たに正科生として入学する場合、入学する年次に関わらず全て書類選考料(10,000円)を免除します。

<入学資格取得生>
登録料
7,000円
受講料
80,000円
合計
87,000円
◎受講料には、テキスト代、リポート添削料、スクーリング受講料、科目修得試験受験料が含まれます。
ページトップへ戻る