入学から卒業まで
入学形態について
単位の修得方法について
教材・リポートについて
科目修得試験について
スクーリングについて
卒業要件について

スクーリングについて

スクーリングは年平均4科目でOK
 スクーリングとは、教室で先生から直接授業を受ける面接授業のことです。
 本学では、自由が丘キャンパスをはじめ全国で多数のスクーリングを開講しています。
 授業では先生に直接質問できることはもちろん学生同士の交流も盛ん。同じ目的を持ったもの同士の良き交流、情報交換の場となっています。

 スクーリングで単位を修得するためには、
  ・事前にテキストをしっかり学習する
  ・全日程(2日間または1日間)に出席して講義を受講する
  ・最終日に実施されるスクーリング試験に合格する
ことが必要です。
 また、卒業の要件として、スクーリングにおいて15単位以上の修得が義務づけられています。従って、卒業要件を充たすためには平均して年4科目でOKということになります。配本科目であれば、スクーリングは何科目でも受講が可能です。

 スクーリングは基本的に2日間連続でおこなわれ、授業の最後の試験に合格すると2単位が認められます。ただし、4単位科目の場合、このほかに基本リポート+科目修得試験の合格が必要になります。

スクーリングの形態
■週末のスクーリング
 集中授業方式で、主に週末(土・日)の2日間が基本。自由が丘に加えて名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台・新潟などで開講します。2日間の集中講義で、1科目(2単位分)が完結します。グループワークなどを取り入れる授業もあり、より実践的な内容で構成されています。
■平日スクーリング
 火曜日2週連続、水曜日2週連続などの日程で実施しています。
■iNet授業
 インターネットで受講できる「iNet授業」でも一部スクーリング単位を修得することができます。

実施される都市
 スクーリングは、各地で実施されます。 学生のみなさんはこの予定と、科目修得試験の予定ならびに個人の予定を合わせ、年間学習計画をたて、あらかじめ申し込んでいただくことになります。