入学から卒業まで
入学形態について
単位の修得方法について
教材・リポートについて
科目修得試験について
スクーリングについて
卒業要件について

入学形態

■目的に合わせた学び方
目的に合わせた学び方イメージ 通信教育課程ではその目的に合わせた学び方の選択が可能です。
●短大卒業資格を目指す「正科生」
●通信教育課程の開設科目の中から学びたい科目を選んで学習する「科目等履修生」
●本課程の正科生への入学資格の取得をめざす「入学資格取得生」
があります。

●正科生
 短期大学卒業をめざす学生です。2年以上在学し、所定の62単位以上(うちスクーリング15単位以上)を修得すると短期大学卒業資格とともに短期大学士の学位が授与されます。

●科目等履修生
 本学通信教育課程の正科生以外の方で、本課程の授業科目のなかから学習したい授業科目を選び、その単位を修得することを目的とします。
 なお、科目等履修生が本学通信教育課程の正科生として入学した場合は、科目等履修生としての既修得単位を入学年次の授業科目内容や単位数と照らして個別に認定し、他の単位認定制度と合わせて30単位を上限に卒業に必要な単位に通算します(スクーリングで修得した単位は、スクーリング単位として認定します)。

●入学資格取得生 (入学資格の取得をめざす方)
 所定の在学期間(6か月以上1年以内)に所定の授業科目の単位を修得すれば、正科生に入学する資格を得ることができます。
 これは、現在、短期大学への入学資格がなくても、勉学意欲が旺盛で、大学教育に十分適応できる能力がある方は、入学資格取得生として学習し必要な単位を得ることによって「高等学校を卒業した者と同等以上の学力がある」(「短期大学通信教育設置基準の制定等について」)と認め、本課程の正科生としての入学が認められる制度です。
*正科生として入学した場合、入学資格取得生として修得した単位は、スクーリング単位も含めて正科生の卒業所要単位として認定します。
*入学資格取得生として入学資格を得て、正科生に入学した方は、通学課程への転籍はできません。また、正科生として入学した後、中途退学した場合は短期大学中退の学歴を得ることはできません。

●再入学について
 事情により過去に本学での学習を断念せざるを得なかった方(退学者、除籍者)でも、再入学して再び学習を継続することができます。再入学する方は、入学金(20,000円)と書類選考料(10,000円)が免除されるとともに、入学資格を証明する書類の提出も免除されます。また離籍理由が退学、除籍に関わらず、在学年数や修得単位数に応じて再スタートすることができます。
 認定単位数や入学年次等の詳細については、本学入学受付担当までお問い合わせください。