入学から卒業まで
入学形態について
単位の修得方法について
教材・リポートについて
科目修得試験について
スクーリングについて
卒業要件について

科目修得試験について

■科目修得試験とは
 年6回行われる定期試験です。1回の試験で5科目まで受験が可能です。
 通信教育課程での学習は、テキストを読んで理解することから始まります。テキスト学習が終わればリポートに取り組み、リポートで60点以上の合格点をとると、いよいよ科目修得試験を受験することになります。
 在宅学習が中心の通信教育で学ぶ学生にとって最も身近な単位修得方法です。
 科目修得試験を受験するためには、指定の期日までにリポートを提出し合格していることが必要です。

■実施される時期と都市
■実施される時期
 2017年度日程(2017年4月1日〜2018年3月31日)

●科目修得試験実施日程
試験期
試験日
リポート提出
締切日※1
(消印有効)
応用リポートを
スクーリングで
代替する場合※2
申込期間
(消印有効)
4月期 4/23(日) 3/8(水) 2016年度
開講分まで
3/17(金)〜21(火)
6月期 6/25(日) 5/10(水) 未定  5/26(金)〜30(火)
8月期 8/27(日) 7/5(水) 未定  7/21(金)〜25(火)
10月期 10/15(日) 8/30(水) 未定  9/15(金)〜19(火)
12月期 12/3(日) 10/20(金) 未定 11/3(金)〜7(火)
2月期 2/4(日) 12/6(水) 未定 1/5(金)〜9(火)
※1 科目修得試験受験要件の「リポートの事前合格」は、この日までに提出・投函(消印有効)されたリポートが対象となります。
※2 4単位科目で、この日程までに開講されたスクーリングに合格した場合、応用リポートの合格に代替することができます。

■主な実施都市(2017年度予定)
 実施都市は試験期ごとに異なりますので、必ず最新号の情報誌にてご確認ください。
北海道
●札幌市
東北
●青森市 ●盛岡市 ●北上市 ●仙台市 ●郡山市
関東
●水戸市 ●宇都宮市 ●前橋市 ●さいたま市
●千葉市 ●市川市 ●東京・自由が丘(本学)●東京・両国 ●立川市 
●相模原市 ●厚木市 ●大和市 ●藤沢市 ●平塚市 
●横浜市 ●横須賀市
東海
●静岡市 ●浜松市 ●名古屋市
北陸・甲信越
●長野市 ●新潟市 ●滑川市 ●金沢市
近畿
●大阪市 ●神戸市 ●京都市
中国・四国
●広島市 ●岡山市 ●高松市 
九州
●福岡市 ●長崎市 ●大分市 ●宮崎市 ●鹿児島市
沖縄
●那覇市

■科目修得試験の問題は
 試験問題は、当日配布される問題集に記載されており、受験の際に該当ページを開いて解答します。
解答時間は60分です。

■科目修得試験の対策は
 テキストと共にお送りする「シラバスT」に、テキスト学習の留意点や科目修得試験ガイドなど、受験にあたっての留意事項が記載されています。それを参考にテキスト学習、試験の対策を進めていただけます。

■科目修得試験が不合格だったら
 追加的な費用(再受験料)は一切不要で、合格まで何度でもチャレンジできます。次回以降の試験に申し込んでください。