短大トップページ
入学から卒業まで
入学形態について
単位の修得方法について
教材・リポートについて
科目修得試験について
スクーリングについて
卒業要件について

入学から卒業までの流れ




■入学
 入学にあたって試験はありません。入学資格を確認するための書類審査のみで入学することができます。入学の時期は4月期と10月期の年2回です。
 入学の形態は、短期大学の卒業をめざす「正科生」、必要な科目だけを履修する「科目等履修生」、入学資格をお持ちでない方に正科生への道をひらく「入学資格取得生」があります。
ページトップへ戻る


■テキスト配本
  志願書を本学に郵送すると、書類審査の上、入学が許可されます。出願から約2週間後には学生証と教材が別便で到着します。 学習計画を立てたら、さっそくテキスト学習を開始しましょう。
ページトップへ戻る


■学習計画
  自学自習が基本となる通信教育では、学習計画をきちんと立てることが卒業という目標を達成するための重要なポイントになります。自分のライフスタイルに合った無理のない学習計画を立ててください。
補助教材「学習のしおり」に、コース別のカリキュラムや学習計画の立て方、諸手続きの方法などが詳しく解説されています。またホームページにも、学習に役立つ情報が常時アップされています。
ページトップへ戻る


■学習(単位の修得)
●基本はテキストを使った在宅学習です!
 通信教育課程での学習の基本は、自宅でテキストを学習し、リポートを提出(合格)した上で科目修得試験に合格するという学習方法です。演習等の一部の科目を除いて全ての科目で科目修得試験が実施されます。日曜日に全国40都市で実施し、1回の試験で5科目まで受験することができます。受験料は授業料に含まれていますので、万一不合格になっても、追加費用なしで再受験することができますので安心です。
補助教材「シラバスI 通信授業・放送授業」に、全科目の教育目標や概要、科目修得試験の実施要領、評価の基準、答案作成上の注意事項、そして放送授業(iNet授業)などが詳しく解説されています。
●スクーリングは年平均4科目でOKです!
  平均すると年間4科目をスクーリングで単位修得すれば卒業要件を充たすことができます。全国で年間約280本のスクーリングを開講しており、配本・履修登録科目であれば何科目でも受講することができます。
  補助教材「シラバスII 面接授業」に、スクーリングが実施される各科目の教育目標や授業の内容・スケジュール・受講前に行う事前課題などが詳しく解説されています。本学自慢のスクーリングで素晴らしい学友と出会ってください。

●「iNet授業」も開講しています!
 インターネットを使って自宅で学習できる放送授業(iNet授業)も開講しています。
ページトップへ戻る


■卒業
 卒業要件を満たした方には、短期大学士(能率)の学位が授与されます。
毎年多くの学生が卒業という目標を達成しており、本課程開設以来、88,000名以上もの方々が卒業されています。
 なお、短大卒業後、多くの方が産業能率大学通信教育課程の3年次に編入学して、学習を継続されています。
ページトップへ戻る