本学の特色

卒業率はトップクラス!
大学 69.3% 短大 56.5%

実際の卒業式の様子

卒業率はトップクラス!

留年しないで卒業する率 大学 69.3% 短大 56.5%

産能では、大学・短大ともに毎年1,000人以上の卒業生を輩出しています。また、大学入学者の約8割を占める3年次編入学生の標準学習期間(2年間)での卒業率は69.3%で(2017年3月度卒業生)、短大1年次入学者の標準学習期間(2年間)での卒業率は56.5%であり(2017年3月度卒業生)、高い卒業率を誇っています。 ※「標準学習期間」とは留年を含まない学習期間を意味します。

産能を選択した3つの理由は
「続けられそうな仕組み」「スクーリングや試験の会場への利便性」「安価な学費」

産能を選択した上位3位までの理由は、大学、短大ともに「続けられそうな仕組み」、「スクーリングや試験会場への利便性」そして「安価な学費」という結果になりました(2017年度3月期卒業確定者アンケート)。多くの卒業生たちは、産能の学びやすさや安価な学費に魅力を感じて産能への入学を決めています。

私が産能に決めた理由

「卒業率の高さ」や「学費などの費用の安さ」などが入学の決めてとなりました
大場 優光 さん

「大学へ行こう」と思った時、まず、ほとんどの通信制大学の資料をとりよせました。比較検討の結果、「短大から四年制大学へ編入学できること」や「卒業率の高さ」「学費などの費用の安さ」などがポイントとなり、産能短大への入学を決めました。短大卒業後は、そのまま大学に進学し、2018年度からは大学院へ進学の予定です。

「費用の安さ」や「スクーリングの多さ」「卒業率の高さ」も魅力に映りました
漆畑 桂子 さん

友人が産能短大を卒業したと聞き、調べてみると、学びたいことが履修できるとわかり、短大入学を決めました。「費用の安さ」や「スクーリングの多さ」、そして「卒業率の高さ」も魅力に映りました。仕事・家事・育児をこなしながら勉強するというバードな毎日でしたが、学ぶうちに「もっと学びたい」という気持ちになり、気がつけば大学に編入学していました。

 卒業確定者アンケートより 


産能に入学した目的のトップは「卒業資格の取得」です

短大卒業生の75.6%、大学卒業生の71.7%の方が、入学目的を「卒業資格の取得」をであると回答しています。これは、その他の目的に比較して圧倒的に高い数字です。産能に入学する方の7割以上の方が、実務に必要な学習を学びつつ、第一に「卒業資格の取得」を目的としています。

産能で学んで役に立ったことは、「就職」と「転職」そして「実務」
産能で学んだことは何に役立っているのでしょうか?短大卒業生の上位3位は「就職」「転職」「実務」、大学卒業生の上位3位は「転職」「就職」「実務」となっています。卒業生たちは、単に大学を卒業できただけではなく、確実に自らのキャリアに大学の学びを役立てています。

(2017年度3月期卒業確定者アンケート)