ホームへ戻る

 本学の授業料には、テキスト代、スクーリング受講料、科目修得試験受験料などの基本的な学習費用が全て含まれています。従って、万が一、リポートや科目修得試験に合格できなかった場合でも、追加費用なしで再度チャレンジすることができます。また、配本された科目や履修登録をした科目であれば、追加費用なしで何科目でもスクーリングを受講することができます(注:演習やiNetCampusなど、別途費用が必要な科目もあります)。
 本学の初年度の学費は、大学(1年次入学)、大学(2・3年次編入学)、短大(1年次入学)のそれぞれについて、下記の表のようになります。なお、授業料は、2回に分けて分納することができます。

■初年度の学費

  大学(1年次入学) 大学(編入学) 短大(1年次入学)
書類選考料 10,000 10,000 10,000
入 学 金 20,000 20,000 20,000
編 入 料 12,000
授 業 料 170,000 170,000 180,000
初年度の合計 200,000 212,000 210,000
分納の場合 (入学時納入) 115,000 127,000 120,000
(2回目納入) 85,000 85,000 90,000

「学費サポートプラン」を利用することもできます

 毎月の支払い額を6,000円以上1,000円単位で自由に設定でき、進級時に再利用しても毎月の支払い額を一定にできる「学費サポートプラン」(学費ローン)を利用することもできます。この制度を使うと、月々6,000円からの費用で、大学または短大に入学し、卒業をめざすことができます。

シニア奨学金制度

 入学時(前学期入学生は4月1日、後学期入学生は10月1日現在)の年齢が満60歳以上の方で、正科生として入学する方には、シニア奨学金を給付します。
 奨学金の給付は入学年度のみで、年間85,000円(大学)、90,000円(短大)を給付し、入学時の授業料に充当します。
 なお、他の奨学金(上野通教奨学金と通教校友会奨学金(大学)、校友会奨学金(短大))、産業能率大学または自由が丘産能短期大学を卒業した方の親族に適用する入学金の免除は、シニア奨学生以外の方を対象としますので、ご留意ください。