産業能率大学 自由が丘産能短期大学 通信教育課程

大学・短大の卒業資格を取得

後学期入学生募集(資料をご請求ください)入学案内(願書)の請求はこちら
産能の通信教育が多忙な社会人に支持される8つの理由

   本学(大学・短大)の通信教育課程の最大の特色は、多忙な社会人にとっての「学びやすさ」にあり、公益財団法人私立大学通信教育協会加盟の大学・短大46校に入学される方の約10人に1人が、本学(大学・短大)を選ばれています。また、上記46校の通信制の大学・短大に入学された方の中で、「大学・短大卒業資格の取得」を入学目的としてあげられた方の27.1%が本学(大学・短大)に入学されています。(注1)
   なお、卒業資格は通学課程と全く同じであり、本学の卒業要件を充たすと、大学では「学士(マネジメント)」の学位、短大では「短期大学士(能率)」の学位を授与します。

注1)「入学者調査(平成26年度)」公益財団法人私立大学通信教育協会

最短学習期間での卒業率は大学65.7%短大61.2%

   短大(産能短大)の1年次入学生の最短学習期間(2年間)での卒業率は57.8%、大学(産業能率大)の入学者の8割以上を占める3年次編入学者の最短学習期間(2年間)での卒業率は69.6%であり、通信制の大学・短大としてはトップクラスの卒業率を誇っています(2016年3月卒業生)。

多様なスクーリングを全国で年間約640本開講

   卒業に必要なスクーリングは年平均4科目でOK。本学では、社会人が出席しやすいように週末3日間集中型を中心に、大学・短大合計で年間約670本ものスクーリングを大学18都市、短大17都市で開催しています。本学のスクーリングは、「面白い」「仕事で役に立つ」「受講しやすい」と、在学生にも大変好評です。
   また、自宅でスクーリング単位を修得できる放送授業(iNet授業)とメディア授業(iNetゼミ、大学のみ)も開講しています。

科目修得試験も日曜日に年6回、全国40都市で実施

   科目修得試験についても、日曜日に年6回、全国40都市で実施します。ご自分の都合のよい会場で、希望する科目を受験できますので、自分のペースに合わせて学習を進めることができます。

 

科目修得試験実施地

さまざまな資格を本学の単位として認定!

   入学前に、簿記検定、実用英語技能検定、TOEIC®、ビジネス能力検定などの技能審査等(各種の資格試験や検定試験)に合格されている場合には、本学の単位として認定し、卒業に必要な単位に算入します。
   他の単位認定制度と合わせて、最大30単位まで認定します。

すぐに仕事で役に立つ実践的なコースを開設

   1925年の創立以来、(学)産業能率大学はコンサルティングや企業研修等の活動で産業界に貢献してきました。これが、本学通信教育課程の実践的な教育のバックボーンとなっています。本学の卒業生に対する調査でも、回答者の約75%が実践的な能力が身についたと答え、その中の約80%が本学で身につけた能力を仕事で活用できていると回答しています。(注2)

(注2)「既卒者への学習成果に関する意識調査」(2011年。4年ごとに実施)

◆大学では時代のニーズに応える11コースを開設

   大学では、マネジメントについて総合的に学ぶ「経営コース」、グローバル時代に活躍できる人材をめざす「グローバル・ビジネスコース」、カウンセリングを体系的に学ぶ「産業心理(カウンセリング)コース」、税理士をめざす「税理士コース」、医療・福祉機関のコア人材をめざす「医療・福祉マネジメントコース」など、時代の人材ニーズに応える11コースを開設しています。

◆短大では実務やキャリアアップに直結する10コースを開設

   短大では、マネジメントの基本を体系的に学ぶ「経営管理コース」、心理学の基本とコミュニケーション・スキルを学ぶ「心理学基礎コース」、国際化時代に活躍できる人材をめざす「国際コミュニケーションコース」、短大卒業によって受験資格の取得をめざす「社会保険労務士コース」「税理士コース」など、実務やキャリアアップに直結する10コースを開設しています。

産能の通信教育には「2つの学びの道」があります

   産能の通信教育課程には、大学(4年制)と短大(2年制)という2つの「学びの道」があります。学び方は基本的に同じであり、目的や自分が学びたいテーマ等によって、好きな方を選ぶことができます。
   例えば、「大学卒業が目的だが、4年間学習を継続することに不安を感じる」という方は、まず短大にご入学いただき、短大卒業後に大学の3年次に編入学するという方法をお奨めします(編入学に際しては様々な優遇制度が用意されています)。

大学・短大、専門学校を卒業された方は3年次編入額で卒業が可能!

   大学・短大・専門学校等を卒業された方は、大学3年次への編入学が可能です。編入学の際に、卒業に必要な単位の半分にあたる62単位を一括して認定するとともに、4の資格等についても30単位を上限として認定しますので、最大92単位の認定を受けて編入学することも可能です。また、大学の経済学関係学部の卒業者で、本学大学院経営管理コース(MBA)への進学をめざす「MBA基礎コース」に入学される方は、4年次に編入学することができます。

基本的な学習費用が全て含まれた安心の授業料システム!

   初年度の学費は大学22万円(3年次編入学の場合は23万2千円)、短大22万円で、その中の授業料(18万円)は分納が可能です。月々の支払額が6千円からの学費ローンも利用できます。なお、本学の授業料には、短大であれば配本される科目の、大学であれば年間36単位までのテキスト代、リポート添削料、科目修得試験受験料、スクーリング受講料などの基本的な学習費用が全て含まれており、試験やスクーリングのたびに費用が発生することはありません。

*演習料や 一部科目の教材費など別途費用が必要な場合があります。

短大:1年間の授業料180,000円、大学:1年間の授業料170,000円