学び・コース

心理学基礎コース

心理学の基本とコミュニケーション・スキルを身につける!

こんな方にお薦めです
  • 心理学の基礎知識とスキルを身につけたい方
  • 心理学の知識とスキルをビジネスの場面で活用したい方
  • 産業能率大学通信教育課程の「心理マネジメントコース」や「心理カウンセリングコース」
    への3年次編入学をお考えの方

学べる内容、身につく能力

 POINT1 
心理学の基礎知識とスキルを身につけ、自分を正しく表現し効果的なコミュニケーションを行う能力を習得する。
 POINT2 
マネジメントやビジネスの知識を身につけると同時に、
心理学の知識やスキルをビジネスの場面で活用できる力を身につける。
 POINT3 
産業能率大学通信教育課程の「心理マネジメントコース」や「心理カウンセリングコース」への
編入学をめざす方にとって必要な基礎力を身につける。

Student’s VOICE

会社員
坂井 早苗 さん


心理学を中心に、さまざまな分野に学びが広がる。
次の目標も見つけることができました。


通信教育で保育士資格を取得したときの経験がきっかけで心理学に興味を持ち、学びを深めるため産能短大への入学を決めました。心理学基礎コースは、心理学を中心にマネジメントやコミュニケーション、法学など幅広い分野が学べます。入学の目的であった心理学は基礎から教わることができました。現役の臨床心理士の先生から直接指導が受けられるスクーリングは、とても実践的。ストレスやメンタルヘルスの科目もあり、私自身のストレス解消法にも役立てることができました。仕事の繁忙期と重なると、学習のスケジュール管理はとても難しくなります。辛い時は「ここさえ乗り越えれば楽になる」と自分に言い聞かせながら、頑張ってきました。今後はマーケティングにも興味が湧いてきたので、大学に編入学し、学びを続けていきたいと考えています。

コースの概要

「他の人とうまくコミュニケーションがとれるようになりたい」「人間関係をもっと良くしたい」とお考えの方は少なくありません。ビジネスや社会生活で周囲の方々と適切なコミュニケーションをとって良好な人間関係を築くためには、コミュニケーション・スキルを磨くとともに、自分や他者を正しく理解することが必要です。
本コースでは、心理学の基本的な考え方や基礎知識を学習し、心理学的アプローチから幅広い視点で個人や他者とのかかわりを捉えることや、他者との人間関係を心理学の視点から理解し、人間の発達や成長過程を通して自己を理解することなどを体系的に学ぶことができます。また、こうした心理学の基礎をしっかりと押さえた上で、表現力を含めたコミュニケーション・スキルを身につけることが効果的です。
ここでは、心理学の基本や、社会心理学、人間関係の心理学などを学ぶことによって、心理学の視点から自分と他者を正しく理解するための知識とスキルを習得し、コミュニケーション・スキルを磨くことができます。

心理学基礎コースの科目構成
1年次
分野 科目名 SC 単位
教養科目 産業能率大学とマネジメント                       1
社会学概論 2
心理学 4
環境論入門 2
現代企業にみる日本経済 2
法学入門 2
小論文の書き方入門 2
ビジネス基礎力
強化科目
経営学入門 2
考える力をつける 2
問題発見・解決力を伸ばす 2
情報分析力を鍛える 2
伝える力を伸ばす 2
組織のマネジメント 4
心理学基礎コース
専門科目
人間関係を学ぶ心理学 2
コミュニケーション論 2
説得の心理学 2
社会心理学 2
初級メンタルヘルスマネジメント 2
39単位分配本
2年次
分野 科目名 SC 単位
教養科目 創造性の開発 4
哲学入門 2
世界の歴史 2
ストレスとこころの健康 2
ビジネス基礎力
強化科目
人を動かす 2
仕事をマネジメントする 2
行動科学 4
心理学基礎コース
専門科目
生涯発達の心理学 2
マーフィーの成功法則 2
説得・交渉力を高める 2
アサーション(コミュニケーション技法)       2
ビジネス対話の技術 2
28単位分配本




合計67単位分配本
卒業に必要な単位数 62 単位
SC欄  ○:通学形式のスクーリング ◆:iNetスクーリング ★:特設スクーリング

Pick Up 科目紹介

初級メンタルヘルス・マネジメント
近年、職場におけるメンタルヘルス対策の重要性が高まっています。本科目では、ストレスおよびメンタルヘルス、セルフケアの重要性を理解し、自らの状況を把握することにより、不調に早期に気づき、自ら適切に対処できることを目標にしています。

人間関係を学ぶ心理学
心理学の研究分野の中でも、人間関係に関わる分野を身近で具体的な経験と照らし合わせながら学習します。パーソナリティ、動機づけとフラストレーション、そして人間関係の始まりから展開、そして障害と改善、治療について理解を深めます。

Faculty’s VOICE
教授 小久保 正昭

心理学の基本的な概念や理論を学ぶだけでなく、それらを使って考察することを学んでいただきたいと思います。現代社会では、人間関係に起因するストレス障害が問題となっています。それらを解決するための糸口を一緒に考えていきましょう。社会人が仕事を抱えながら勉学に励むのは並大抵のことではありません。大切なのは最後まで諦めないことです。学生の皆さんとは一期一会ですが、何か心に残る授業をしていきたいと思います。一緒に頑張っていきましょう。